新冠パトカーになったら「現場嫌ですか?」

トヨタが新型クラウンを発表すると、パトカーへの採用が話題になった。 今回の新型はカタログスペック的にはかなり不利なように見えますが、この傾向は既存のモデルにも現れているとのこと。

交通管制の分野で高い評価を得ている210系

2022年7月15日、トヨタは新型16代目「クラウン」を世界で初めて公開した。 新型クラウンは、クロスオーバー、セダン、スポーツ、エステートの4タイプをラインアップ。 まず「クロスオーバー」を2022年秋に発売し、各タイプを順次発売する。

新型クラウンが発表されたとき、ネット上で話題になったのはパトカー。 パトカー風にデザインされた新型クラウンのイラストは早速SNSで公開され、大きな反響を呼んだ。 どの部分が問題と見なされますか?

大 220725 パトカー 01 1

拡大画像

210系クラウンをベースにした交通管制用の四輪パトカー(ライドモノニュース編集部撮影)。

そもそもパトカーの調達方法は、警察庁が調達するもの(国費)、各都道府県(自治体)が独自に調達するもの、寄付金で調達するものの3種類に大別できます。 このうち寄贈は特殊なケースであり、台数はごく少数に限られます。

国による調達は、文字どおり政府資金、つまり国税によって調達されます。 一方、自治体調達は、都道府県が必要と認めた場合に独自に調達するものです。 各自治体が個別に調達するため、個別の調達数は少ないものの、日産「スカイライン」やトヨタ「マークX」など個性的な車種が特徴。

クラウンの場合、いずれの方法でもパトカーとして導入実績があるが、最も多いのは政府調達の車体であり、現在導入されている車体は先代の220系がベースとなっている。 . 増加。

ただし、前述の警察に詳しいカメラマンによると、この220系ベースのパトカーは動力性能が先代の210系に劣るとの見方が強いようだ。

【次のページ】220系と210系の動力性能を比較すると