日本の株式は市場に関連しており、経済的に安価で、医薬品などの強い内需があります-インデックスの方向性が悪い-ブルームバーグ

東京証券取引所の株価指数は前日の終値に近く、方向性はほとんどありません。 原油や金属などの商品価格の下落や経済不安により、商社、鉱業、非鉄金属、海運などの市場関連株を上回っている。 米国の金融株や銀行などの金融株の減価、円安の影響で、輸送機器も安い。 一方、医薬品や情報通信などの内需関連分野は強い。

  • TOPIXは1484.30-9:07 amで、前日から3.44ポイント(0.2%)減少しています。
  • 日経平均株価は19.74円(0.1%)上昇して26,190.99円となった。
柔らかい

市場参加者の視点

みずほ証券倉持康彦マーケットストラテジスト

  • コモディティの低下によりインフレ圧力が低下した場合、米国の金利上昇は困難となり、評価や経済面で株式市場にプラスの影響を及ぼします。
  • 連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長の証言を受けて、市場は経済に警戒しており、原油などのすべての商品価格で利益を生む販売が行われています。
  • ただし、価値の高い(安い)色の日本株は、成長色の強い米国株に比べて、金利低下の追い風を受ける可能性が低く、米国株の下落を反映して、日本株の円高もややマイナスになっている。関心度。

TSE33産業

高いドロップ率 石油および石炭製品、保険、非鉄鋼金属、鉄鋼、卸売、銀行
最高の増加率 サービス、小売、医薬品、情報通信

バックグラウンド

  • 米国の10年債券利回りは3.09%、7ベーシスポイントです却下-景気後退の懸念が高まる
    • パウエル、「インフレを制御するために」無条件」強調する
    • 米国の企業活動ストール全体的なPMIの低下-インフレ上昇の影響を明らかにする
  • ニューヨーク原油先物は1.8%下落して1バレル104.27ドル
  • ドル/円の為替レートは1ドルあたり134円高の範囲にとどまり、前日の日本株の終値は135.56円でした。

Leave a Reply

Your email address will not be published.