日本株は反発し、経済悲観論が考慮され、円安が進んでいる-輸出は好調-ブルームバーグ

毎朝、1日を始める前に追跡したい世界のニュースを配信します。ブルームバーグのニュースレターを購読するには、ここをクリックしてください。

東京証券取引所は、若干ではあるが回復が見込まれる。 米国は景気後退を意識しているものの、米国株は回復力を示し、円安や為替相場は安定している。 しっかりします。 一方、海外の原油価格が低迷していることから、鉱業・商社などの原油関連商品は、指数のトップサイドを押し下げる可能性が高い。

  • シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)の日経平均先物(円建て)の清算価格は26,195円で、大阪取引所の通常の終値(26,100円)より95円高い。
  • 米国株は下落-米国の10年債券利回りは3.16%に急落

市場参加者の視点

野村証券シニアストラテジスト伊藤高志

  • FRBのパウエル議長の議会の証言は、彼が思っていたほど派手ではなかったが、ソフトランディングの難しさを述べたため、株式市場での1株の利益の将来について心配した。
  • 一方、景気後退の可能性について経済学者が真剣に議論し始めたため、債券が購入された。昨日の米国株式市場は、一株の将来の不透明感と金利の下落のバランスにより、ほぼ横ばいであった。
  • 今日の日本の株は明らかに材料が不足しているため、はっきりと上下することは難しく、方向性を理解することは困難です。円安は株価に対してわずかにプラスであり、指数はわずかにプラスである可能性があります。 。

バックグラウンド

  • FRBスピーカー、ソフトランディング “非常に難しい-不況の「可能性」があります
  • ケサのドル/円の為替レートは1ドル136円台前半で、前日の日本株の終値は136.31円でした。
  • ニューヨークの原油先物は3%下落して1バレル106.19ドルに
  • 前日の海外市況ここ見てください

Leave a Comment