日産はマクラーレンにフォーミュラEGen3パワートレインを供給[F1-Gate .com]

日産はマクラーレンにフォーミュラEGen3パワートレインを供給

日産自動車とマクラーレンレーシングは、ABBFIAフォーミュラE世界選手権で技術提携を発表しました。 日産はシーズン9(2022-23)からマクラーレンレーシングにパワートレインを供給します。

有名な英国のチーム、マクラーレンレーシングは、Gen3マシンが導入されるシーズン9からフォーミュラEに参戦することを発表しました。

このパートナーシップを通じて、マクラーレンレーシングは、Gen3マシンの寿命を通じて日産のEVパワートレインを供給されます。 日産はまた、今年4月にe.damsチームの買収を発表し、フォーミュラEの活動をさらに強化しました。 日産とマクラーレンは、最も挑戦的で高度に技術的なレースの1つであるフォーミュラEと引き続き緊密に協力していきます。

「日産とマクラーレンレーシングのパートナーシップは、さまざまなコラボレーションとノウハウの共有を強力に推進します」と、日産の最高執行責任者であるアシュワニグプタは述べています。 日産とマクラーレンに共通しているのは、パイオニア精神と革新の貪欲な追求であるということです。 マクラーレンは、日産がフォーミュラEに参加し、自動車の電動化を促進するための理想的なパートナーであると信じています。 「」

マクラーレンレーシングのCEOであるザクブラウンは、「フォーミュラEに最初に参入したマクラーレンは、チーム編成のあらゆる面で最高のパートナーを探していました。テクノロジーは最も重要な要素の1つでした。しかし、日産は過去4シーズンにわたってレースを行い、その知識とスキルを実証しており、このコラボレーションは、将来Gen3マシンが導入されることで、双方に大きな成功をもたらすと確信しています。これにより、両チームのパフォーマンスが向上し、日産のフォーミュラEパワートレイン技術の開発。」

「マクラーレンレーシングのような素晴らしいモータースポーツブランドとの複数年契約を発表できることを嬉しく思います」と、日産フォーミュラEのゼネラルマネージャー兼マネージングディレクターであるトマソヴォルペは述べています。 マシンがGen3として大きな進歩を遂げると予想される来シーズンから。 日産はレースだけでなくフォーミュラEにも参加します。 レースを通じて、効率的でパワフルな日産EVの魅力を幅広く視聴者に伝えています。 マクラーレンとのコラボレーションにより、技術開発が加速し、世界中のファンに日産の技術を紹介する機会が増えると信じています。 「」

日産はフォーミュラEを通じて、世界中のお客様にEVの魅力と楽しさをアピールしています。 日産は、2050年までに事業活動を含む車両のライフサイクル全体でカーボンニュートラルを実現するために、2030年代初頭から主要市場の電気自動車にすべての新モデルを投入することを目指しています。 EVレースで、お客様により高い価値のあるEVを提供します。

日産のフォーミュラE参加について
日産は、シーズン5(2018/19)からABBFIAフォーミュラE世界選手権に参加した最初の日本メーカーです。 シーズン7では、Gen3マシンが使用されるシーズン9(2022-23)からシーズン12(2025-26)までのフォーミュラEが長い間発表されます。 2022年4月、e.damsレースチームの買収を発表しました。 今シーズン(シーズン8)のドライバーは、輝かしい記録を誇るセバスチャン・ブエミと、加入したばかりのマクシミリアン・ギュンターです。 ブエミは2018年に日産がフォーミュラEに参戦して以来ドライバーであり、今年で4シーズン目となります。 ドイツ人ドライバーのガンターは、これまでに3回のチャンピオンシップで優勝しています。

日産はフォーミュラEチャンピオンシップへの参加を通じてEVの魅力を高めています。 ブエミは23号車の新しいクロスオーバーEV「日産アリア」を運転し、ガンターは2010年に発売された「日産リーフ」という名前の22号車を運転します。日産リーフは約60万台を販売し、日産のフォーミュラEレースカーはこれまでのEVの経験を活かしています。 レースで得たノウハウは、2021年に発売されたクロスオーバーEV「日産アリア」など、日産の次世代EVの開発に役立てられます。

マクラーレンレーシングについて
マクラーレンレーシングは、ニュージーランドのレーシングドライバーであるブルースマクラーレンによって1963年に設立されました。 1966年に初めてF1に参戦して以来、マクラーレンは20回のF1世界選手権、180回以上のF1グランプリ優勝、3回のインディアナポリス500優勝、そして最初のルマン24時間レースで優勝しています。 がある。

FIAフォーミュラ1世界選手権のランドノリスとダニエルリカルドドライバー、インディカーシリーズアローマクラーレンSPのパトリシオオワードとフェリックスローゼンクビスト、エレクトリックワンメイクSUVチャンピオンシップのエクストリームE。 エマ・ギルモアとタナー・ファウストがレースに参加しています。 マクラーレンは、シーズン9からFIAフォーミュラE世界選手権に出場することを発表しました。

マクラーレンは2010年にカーボントラストスタンダードを取得した最初のF1チームであり、それ以来隔年で更新を続けており、最近では2021年2月に更新されています。2013年には、FIA環境認証フレームワークの一部として、 3つ星レベルで、2021年にFIA持続可能性認定賞を受賞した最初のF1チーム。国連の「スポーツを通じた気候行動フレームワーク」に署名しました。

このエントリをはてなブックマークに追加します

カテゴリ:カテゴリ: F1 / 日産 / フォーミュラE

Leave a Reply

Your email address will not be published.