日経平均株価は終値=継続的な成長、米国の長期金利低下は半導体関連の高水準などを支えています。 ロイター

6月24日、東京証券取引所の日経平均株価は、前営業日から320.72円上昇し、26,491.97円で取引を終えた。 2020年10月に東京証券取引所で撮影。(2022年ロイター/キム・ギョンフン)

[Tokyo 24th Reuters]-東京証券取引所の日経平均株価は、前営業日比320.72円増の26,491.97円となり、取引を終了しました。 午後のアプローチから徐々に上昇率が拡大し、着実な物価変動が続いた。 米国の長期金利の低下傾向に対応して、半導体関連株や高価格の成長株が目立つようになりました。 日経平均株価は、前日の米国株の上昇傾向を引き継ぎ、やや高値に近づいた後も、堅調な下落を続けた。 終値に向けて徐々に値上がりし、一時的に347.91円高の26,519.16円となった。 長期にわたる米国株式先物は投資家のセンチメントをサポートするために強化されており、最近、大幅な上昇を伴う株式の買い戻しが増加しています。 米国の長期金利の低下傾向に支えられ、半導体製造設備関連株や高いPER(株価収益率)が求められ、指数の上昇に貢献しました。 一方、石油や石炭製品の最高価格は非常に高かった。 ドル/円のペアは前日よりも強くなっており、自動車などの輸出関連株すら持っていない株が多い。 市場では「色の内容が米国の長期金利の動向と原油価格の動向で決まる市場価格が続き、今日は半導体の日」という声がありました(正幸大谷証券投資情報部長)。 ..

TOPIXは0.81%増の1866.72ポイントで終了しました。 東証プライムマーケットの取引価格は2,598,483百万円でした。 TSEの33産業のうち、値上げは海運、化学工業、サービス業など23産業であり、値下げは石油・石炭製品、保険業、航空輸送業など10産業であった。

東京エレクトロン、リクルートホールディングス、M3が堅調で、信越化学工業、日本郵船も好調でした。 一方、トヨタ自動車、ENEOSホールディングス、第一生命ホールディングスは低調でした。

TSEプライム市場の上昇と下降の数は1336株(72%)、446株(24%)、56株(3%)でした。

Leave a Reply

Your email address will not be published.