東京都の最低賃金を時給1072円に 目安として31円値上げ | 日本放送協会

東京都の最低賃金は時給1041円だが、東京労働局審議会は時給を31円引き上げて時給1072円とすることを全国審議会が示していると発表した。
10月から適用される見込みです。

今週の厚生労働省の審議会は、今年度の最低賃金を全国で過去最大の31円引き上げることを表明し、現在、都道府県議会で実際の引き上げについて議論が行われています.

このうち、東京労働局の審議会は5日の会議で、時給を目安に31円引き上げ、時給1072円とする案をまとめた。

投票の結果、過半数の賛成を得て、労働局に報告しました。

31円の値上げは東京都では過去最大で、食費や光熱費を中心に物価が大幅に上昇したことや、企業の業況が昨年から回復傾向にあることを強調したという。年。 .

一方、事業側の委員からは、「コロナ禍からの回復の兆しは見えたものの、感染の急速な拡大やエネルギー価格の高騰により先行きは見えにくい」との意見がありました。 反対票を投じたのは3人。

東京労働局は今月22日まで異議を受け付け、今年10月から新たな最低賃金1072円が適用される見込みです。

東京都最低賃金協議会の都留靖司会長は「生活が苦しくなっている最低賃金で働く人を守るという観点を重視した結果だ。 お願いしたいです。」

Leave a Comment