東北新幹線、車掌の寝坊で22分遅れ約500人の乗客に影響| 河北新報オンラインニュース/オンラインニュース

東北新幹部

JR東日本は24日、新青森駅から東京までの東北新函館はやぶさ10号が、車掌の寝坊により22分遅れたと発表した。

JR東日本によると、列車は午前7時43分に出発する予定だったが、交代の車掌が駅の休憩所で寝坊して現れなかったので、別の車掌を手配した。 はやぶさ10号だけが遅れ、約500人が影響を受けた。

河北新報のメールマガジンに登録するには、ここをクリックしてください

Leave a Reply

Your email address will not be published.