東急と相模の相互進入のために、7つの会社の駅の車両が丸呑みになっています。 何かを忘れたらどうなりますか? 「総鉄新横浜線」「東急新横浜線」2023年3月より-トラベルウォッチ

関連する7つの会社の駅の車両を背景に、相模鉄道と東急株式会社の2人の現役マネージャーがいます。相模鉄道のキャラクター「ソニヤン」(右端)と東急のキャラクター「のるるん」(極右)とのフォトセッション左)。

3月31日、東急株式会社と相模鉄道は、東横線旧住吉視察エリアでプレス向けに「鉄道網7社の車両撮影会」を開催しました。 相模鉄道と東急株式会社の相互アクセスを促進することを目的としており、2023年3月に開始する予定です。

相模・東急直通とは?

相模鉄道は2019年11月からJRへの直行を開始しました。これはいわゆる「総鉄-JR直行」の計画によるものです。 相鉄本線西谷駅から羽沢横浜国大駅まで2.1kmの新線が建設され、JR東海道貨物線に接続されました。 そこから相模鉄道は品鶴線・山手線を経由して新宿駅まで走っています。 また、JRからは、埼京線の一部の列車が相鉄本線にあります。

羽沢横浜国大から東横線の日吉駅まで続く線路の建設が進んでおり、これが相鉄・東急直通線です。 途中の新横浜は両社の境界駅となるため、西谷・羽沢横浜国大新横浜間の区間を「新横浜線」と呼び、新横浜と日吉の区間を呼びます。 「東急新横浜線」と呼ばれます。

相鉄本線からJRへの直通線と東急への直通線は、西谷と羽沢横浜国大の間で同じ路線を共有しています。 総称は「神奈川東部線」です。

相模・東急直通で新たに実現したネットワーク(プレスリリースより引用)

相鉄・東急直通線が開通すると、相鉄本線から東横線、目黒線への直行が可能になります。 東横線は、東京メトロ副都心線を経由して、東武鉄道の東武線と西武鉄道の池袋線に接続しています。 目黒線は、埼玉スタジアム線と都営地下鉄三田線を東京メトロ南北線で結んでいます。

つまり、神奈川東部線を構成するすべての路線が完成すると、相鉄本線から東京内への直行ルート(JR、東横線-福心線、目黒線-南北線、目黒線)が実現します。 〜三田線)。 これら4つの分野に関与している企業は全部で7社あります。 次のチーム。

・相模鉄道
・東急株式会社
・東京の地下鉄
・東京都交通局
・さいたまこうそく鉄道
・東武鉄道
・西武鉄道

このうち、西武鉄道は総鉄新横浜線、東急新横浜線に直結していません。 ただし、物理的な回線として接続され、ネットワークの一部を構成します。

また、相鉄本線、東横線、目黒線から新横浜駅への直通ルートがあるため、各線から東海道新館線へのアクセスが大幅に向上します。 以前は、東横線菊名のJR横浜線と相鉄本線横浜の横浜市営地下鉄ブルー線に乗り換える必要がありました。 ただし、相模・東急直通線の開通により、乗り換えがなくなるだけでなく、距離が短くなり、速達が可能になります。

広域相互アクセスと忘れ物探しの関係

他の多くのルートで行われている相互アクセスと比較して、多くのパートナーがあり、相鉄本線から市内中心部までの相互アクセスの目的地は多様です。 もちろん、乗り間違えには注意が必要ですが、それだけではありません。

実際、車の中で何かを忘れると、それは迷惑になる可能性があります。 これは、車両が物を置き忘れて遠くに行くためです。 また、相鉄本線から横浜や市内中心部に向かう列車は、目的地が複数の路線に分かれているため、どちらの路線に行くかが問題になります。

ただし、駅のホームで降りた直後に何かが残っていることに気付いた場合は、まだ救いがあるかもしれません。

このような相互侵入シーンでは、通常、両方の先行車の前面に数字とアルファベットを組み合わせた「サービス番号」が表示されます。 駅員に運行番号を知らせることができれば、駅員は電車の行き先を知ることができます。 これにより、取り残されたものを簡単に検索できます。また、そこにある車の番号を知っているとさらに便利です。

先ほど7社の駅の車両を紹介しましたが、各運転番号の表示位置も書き留めておきました。 緊急時に役立つことを願っています。

7つの会社の駅の車両が1か所に並んでいました。 6社の車両が同じ軌道を行き来するのは1年後のことです。総鉄新横浜線と東急新横浜線の開通を楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。