東海オンエア「ぐりとぐら」パロディー動画削除混乱出版社が著作権侵害を宣言…UUUM謝罪:J-CASTニュース[Full text view]

2022年6月28日、絵本「ぐりとぐら」を出版している福音館書店が、著作権侵害により、YouTube大手オフィスUUUMに所属する「東海オンエア」の同作品のパロディー動画の削除を申請した。 私はその日を理解しています。 ビデオは現在削除されています。

インタビューに答えた福音館書店は、「 『ぐりとぐら』だけでなく、著作権で保護された作品を使いたい場合は、事前に出版社に連絡する必要がある」と語った。 先に進むことができるといいのですが。 「」

  • 東海オンエア公式オンラインストアより

    東海オンエア公式オンラインストアより

  • 公式観光サイトからのビデオ制作シーン

    愛知県岡崎市の公式観光サイト「岡崎フィルムコミッション」の映像制作シーン

  • 東海オンエア公式オンラインストアより
  • 公式観光サイトからのビデオ制作シーン

「」[Super Translation Guri and Gura]「夢哲人」

人気絵本シリーズ第1弾「ぐりとぐら」(中川李枝子作、山脇百合子(大村)作)では、森の中で赤と青をまとった野生のネズミが2匹見つかった。 物語は大きな卵でカステラを燃やすことについてです。

問題は「[Super Translation Guri and Gura]約646万人の登録ユーザーを誇る人気YouTuberグループ「東海オンエア」が2019年2月にリリースした「哲人夢」。メンバーの哲也とゆめまるが絵本のキャラクターを模した形で登場し、あらすじ。

2010年6月27日頃から、Twitterで動画が削除されることがファンの間で話題になりました。 実際にリンクを開くと、「福音館書店の著作権侵害でこの動画は削除されました」と表示されます。 福音館書店権利営業所は28日、J-CASTニュースとのインタビューで「事実」であるとの主張を確認した。

事情については、「読者からの問い合わせにより、YouTubeに著作権を侵害している動画がアップロードされていることを確認した上で、動画投稿サイト運営会社に削除を申請する」と紹介した。

「また、読者からの問い合わせをもとに、今年の4月にこの動画の削除を申請しました。約2ヶ月の審査期間を経て削除されました。」

そして説明した。 UUUMのサポートについては、動画を削除した後、「お詫び申し上げます」とのこと。

「ぐりとぐらだけでなく、著作権で保護された作品を使いたいのなら、事前に出版社に連絡する必要がある」と彼は語った。

UUUMに受け入れを聞いたところ、同日、広報は「お詫びも含めて(福音館書店に)連絡している」とのことでした。 ご不便をおかけしたくないので、これ以上のご質問はお控えいたします。 「」

福音館書店はインタビューに以下のメッセージを送りました。

Leave a Comment