毎月10万円、収入の1割以上が保険料に消える…「国民健康保険」はなぜこんなに高いの? 「医療費が高くて収入が少ない人」が集まる | プレジデントオンライン(プレジデントオンライン)

すべての日本人は何らかの形の医療保険に加入しています。 勤労者は事業主の健康保険、75歳以上は後期高齢者医療制度、それ以外は国民健康保険(国民健康保険)が適用されます。 国民健康保険加入率は27.1%(2020年9月末現在)。 4人に1人が国民健康保険に加入していますが、保険料は非常に高額です。 なぜこうなった? ジャーナリストの笹井恵理子さんが、自分の年収88万円に疑問を呈したと報じた。 (1位)

空の病室

iStock.com/AzmanLによる写真

※写真はイメージです

「健康保険料」で収入の約14%が消える

国民健康保険(こくほう)に加入されている方は、今年度の「国民健康保険料(国民健康保険料)」のお知らせが届いているはずです。 今年新しく入会された方は、金額の高さに驚かれるかもしれません。

昨年の6月中旬、自宅に届いた「国民健康保険の保険料決定通知書」を見て目を疑いました。 金額は年間88万円、10ヶ月で月額約88,000円でした。

筆者の国民健康保険料

作者撮影

筆者の国民健康保険料

国民健康保険の保険料は、前年の収入(年収から仕事の経費を差し引いたもの)から計算されます。 昨年の保険料が免除され、一昨年の収入は約600万円でした。 ちなみに前年の収入は約450万円、保険料は約63万円でした。 収入が150万円増えたので、翌年には保険料が25万円増えた。 国民健康保険の保険料は毎年、収入の約14%を占めています。

収入が少ない人は、そんなに収入があっても大丈夫だと思いますか? ただ、私はどの団体にも所属していないフリーランスなので、賞与や退職金などはもらっていませんし、不動産などの不労所得もありません。 所得。 したがって、収入を増やすには書き続けるしかなく、年に数日しか休むことができません。 高校生の子供と一人暮らしをしているため、不測の事態に対するリスク管理が必要です。 高い保険料を払って健康保険証をもらっても、窓口の負担はゼロにはなりません。

「保険証を返してほしい、無料で診療してほしい」は受け付けません

決定書をもう一度見ました。 もちろん金額は変わりません。 私は本当にお腹がすいています。 私も子供も年に1回しか通院しません。 窓口での支払いは3割自己負担で3000円くらいだったはず。 その場合、100%お支払いいただいても、2名様で約2万円です。 この国民健康保険証をどうしても返して欲しかった。

「『国民健康保険証返納します』と役所に言ったことがある」

自営業の知人が言う。 現在の保険料の年間限度額(約100万円、地域によって若干異なります)を支払っています。 彼はまだ収入の10%以上を稼いでいるようです。

「年に1、2回しか病院に行かないのに、月々の保険料は10万円くらい。 そう言うと、窓口で「日本は国民皆保険制度があるので、保険証を返納しても問題ない」と繰り返し言われました。

はい、日本では、誰もが何らかの公的医療保険に加入する「国民皆保険制度」のため、誰もが「保険証を返す」ことができません。

Leave a Comment