渡辺陽一、ウクライナの「人道回廊」で撮られた衝撃の写真 ウクライナの「戦場」で何が起きているのか (1/2) | JBプレス(JBプレス)

ウクライナの「戦場」で何が起きているのか

「ホストメルの被爆住宅」(2022年5月撮影「渡辺陽一 千の戦場」より)

ロシアのウクライナ侵攻が始まってから5ヶ月。

収束の兆しが見えません。 逆に、支配地域の拡大を表明するロシア軍と反撃するウクライナ軍との戦況悪化が懸念される。

ウクライナの現場の状況は?

侵略開始からウクライナを3回取材した戦場写真家・渡辺洋一「1000の戦場」(渡辺陽一氏が撮影した「戦場」の写真をもとに、戦場のリアリティを伝える映像コンテンツ)で明かされる.

今回は、軍事侵攻開始から3ヶ月後の2022年5月、2回目のウクライナ取材後のレポートを紹介します。

10日間の滞在中、渡部氏はロシア軍による虐殺が行われたとされる首都キエフ、イルピン、ブチャ、ホスマーなどを訪れた。

開戦時、ロシア側が宣言した攻撃目標以外の破壊現場を自らの目で確認し、カメラに収めた。

一方で、ニュースでは報道されない戦場以外のウクライナにもファインダーを向けた。

悲しみの傷跡と平穏な日常。 渡辺は言う。 — 「影と光のウクライナがあった」 今回は後編の前編で「悲しみの傷跡」とそれを残す意味について。

各国メディアが「ジェノサイド」と呼んだ傷跡

私がウクライナを取材している間、首都キエフ郊外のイルピン、ブチャ、ホスマーには、侵略戦争の残酷な傷跡が残されていました。


ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領を含む世界中のメディアが、大量殺人の犯罪を意味する「ジェノサイド」が行われたと報じたのはこの地域でした。

この地域には、空港や軍事施設だけでなく、一般市民の生活もありました。 しかし、ロシア軍の容赦ない爆撃により、家は全焼し灰と化した(冒頭の写真)。

イルピンには、蜂の巣にされた民間の車があり、集められて積み上げられていました。


渡辺氏は、これらの車両への攻撃は「人道回廊」で行われたと述べています。

人道回廊は、双方が一時的に戦闘を停止している間、民間人が避難できるルートです。

「この戦争でも、一定時間攻撃を止める約束があったが、実際には動くものは何でも攻撃され破壊された。 (渡辺陽一氏)

この地域では多くの民間人が殺されました。 渡辺さんはインタビューでロシア軍の残虐さがはっきりと見えたと言います。 これがその傷の証です。

『渡辺陽一 千の戦場』より

Leave a Comment