米国の消費者信頼感は1年4か月ぶりに低い-インフレ懸念が悪化-ブルームバーグ

米国の消費者信頼感は6月に悪化し、約1年で最低水準になりました。 インフレが消費者心理を暗くし続けていることが明らかになりました。

キーポイント
  • 米国の民間研究所の会議委員会によって発表された6月の米国消費者信頼指数は98.7に低下しました。
    • ブルームバーグがまとめたエコノミスト予測の中央値は100.0です。
    • 先月103.2(暫定値106.4)に下方修正

今後6ヶ月の見通しを反映した期待指数は66.4に低下し、ほぼ10年ぶりの最低水準となった。 消費者は、経済、労働市場、所得の見通しについてさらに悲観的であることが明らかになりました。 ステータスインデックスはわずかに低下しています。

インフレが見通しを圧迫する中、米国に対する消費者信頼感は低下し続けています

消費者信頼指数(オレンジ)、期待指数(白)

出典:全米産業審議会

インフレを抑制する米国の政策金利が上昇すると借入コストが増加するため、消費者は住宅、自動車、家電製品などの高価値商品の購入を控えるリスクがあります。 しかし、この時点で、感情の悪化がこれらの購入計画に影響を与えていないことが明らかになりました。

今後6か月以内に自動車や大型家電製品を購入する意向のある回答者の割合は前月よりも高くなっています。 一方、国内外を旅行する予定の回答者の割合は減少した。 原因は航空運賃とガソリン価格の上昇にあるようです。

Leave a Comment