米国ニューヨーク市は、国際ニュースのラベル付けに関する懸念から、サル痘1枚の写真の名前を変更するようWHOに要求しています:AFPBBニュース

[July 27, AFP]ニューヨーク市は26日、世界保健機関(WHO)にサル痘ウイルスの名前の変更を要請しました。 サル痘という名前はラベリングにつながり、患者が治療をためらうのを防ぐことを目的としています。

先週末、WHOは、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」であるサル痘に関する最高の警告を宣言しました。 合計1092件の症例がニューヨーク市で報告されており、これは米国の都市で最も多い数です。

Leave a Comment