米雇用、6月は1069万8000人減 9月以来の低水準 – Bloomberg

米国の求人数は 6 月に 9 か月ぶりの低水準に落ち込み、タイトな労働市場の状況が幾分緩和されていることを示唆しています。

キーポイント
  • 6月の求人数は前月より60.5万人減の1,069.8万人。
    • 2020年4月以来の最大の下落
  • ブルームバーグが調査したエコノミスト予想の中央値は1100万人
  • 前月は11,303,000(速報値11,254,000)に上方修正された。
米国の空室は600,000以上減少し、9か月で最低水準に

米国の求人数(季節調整済み)

出典:労働統計局

連邦海軍信用組合の企業エコノミスト、ロバート・フリック氏は、「求人数の減少は、膨らんだ求人数が景気減速によって吹き飛ばされていることを意味している可能性が高いが、労働者の需要は高まっている」と述べた。 弱体化していない」と語った。

6 月の失業者 1 人あたりの求人数は約 1.8 で、5 月からわずかに減少しました。 求人数は、小売業と卸売業、および州と地方の教育で顕著に減少しました。 建設業も衰退。

離職者数は約420万人で、前月とほぼ同水準。 全従業員の自発的離職率である離職率は、前月と同じ2.8%でした。 一時解雇の数はわずかに減少し、雇用数もわずかに減少しました。

米国労働省雇用動向調査 (JOLTS) の詳細については、統計表を参照してください。

元のタイトル:米国の求人数は1,070万人に減少、9月以来最低(抜粋)

(統計の詳細を追加および更新する)

Leave a Comment