花田優一が「一時停止」宣言で靴作りを批判に駆けつける「職人と軽く呼ばないで」「余計なことをやめろ」| スマートフラッシュ[光文社週刊誌]

花田雄一は、の宣言を批判するために急いでいます

花田雄一はアメリカのフローレンスに留学し、靴職人になったそうです。

2022年6月21日、才能のある靴職人花田雄一(26)、靴屋として受注一時的に一時停止行うことを発表しました。

Instagramを更新し、「2022年にお客様から注文を受け、靴作りの日を一度中断することにしました」と宣言しました。 花田は停止の理由を3つ挙げています。

《(1)技術向上、精神改善、靴職人としてのさらなる進歩のための靴作りの訓練環境の変化》

<< (2) Challenge to new business to create the utopia that I originally aimed for >>>

<< (3) Pursuit and research into the breadth and depth of one's own expression >>>

元横綱貴乃花光司(49)と河野景子(57)の長男として生まれ、10代の頃からアメリカ・フィレンツェ・イタリアに留学し、靴作りに励んでいる。

2016年頃にテレビ番組に出演し始めたとき、サンマ明石屋中居正広神田白山のような芸能人向けの靴作りで話題になりました。

しかし、活動は徐々に靴職人から離れ、2018年12月に絵画展が開催されました。 2019年11月YouTuber彼は2020年9月にデビューし、歌手としてデビューしました。その後、2021年10月、彼女は母親、ケイコの交際パートナー、映画監督のジャッキー・ウーの作品で俳優としてデビューしました。

父の麹は、活動をさまざまなジャンルに広げながら、2018年10月29日に放送された「しゃべり007 10周年2時間SP」(日本テレビ)で「職人として20年、 30年間訓練します。」「テレビではそうではないような気がして見ています。」

オンラインでの花田の発表に対する批判が殺到している。

<< I don't want people to use the word "craftsman" lightly just because I was a little involved in shoes. Words used by craftsmen for those who have worked hard to death >>>

《向かい合う前に、証明する前に、「靴」を作るか、作りながらやってください。 誰かに余分なことをさせられないでください。》

《靴の調教と言いながら新規事業への挑戦(笑)》

父の「相撲」を間近で見るべきだった…

(( SmartFLASH
)。

Leave a Comment