藤井フミヤ妻に慣れる| auWebポータルエンターテインメントニュース

「それは常に明るい、 『OK、OK』です。それはすべてポジティブシンキング、またはゼロネガティブシンキングです。」

シンガーソングライターは彼の妻の「お気に入りの場所」について言った。藤井フミヤ(59)。

彼は6月18日にトークバラエティ番組で放送しました”私の人生で最高のレストラン』(TBSシステム)をゲストに迎え、チェッカーズ時代の秘密の物語と妻との恋愛を明かした。

「福岡県久留米市出身の風宮さんと奥さんのあこさんは、高校1年生の時に出会い、18歳で付き合い始めました。結婚式は1990年6月29日に行われました。同じでした。秋野宮と紀子の結婚の日。

藤井夫妻は42年の付き合いと32年の結婚生活を送っていますが、プログラムの共演者たちも絆の強さに賞賛を表明しました。 「」

特に共演者を驚かせたのは、フミヤの告白だった。

「(妻と)手をつなぐのは普通のことですが、このレベルでは足が危険である可能性があります。」

7月に60歳の誕生日を迎えるフミヤは、そんな風には思えないさわやかな笑顔を見せてくれました。

ふみやの仕事仲間が夫婦の関係について語る。

「Aさんはデビュー前に彼女を支えてくれたいわゆる「新聞の妻」です。しばらくの間、文宮さんの事務所の代表取締役も務めていました。当時、高額納税者はまだ発表されていました。 。、あこさんの名前は新聞にも「夫人。 ふみや」。

ちなみに、2000年の有名人の納税ランキングでは、Aさんが言った藤圭子北野武さんと北野武さんの元妻・美希子さんの間にいます。 ふみやは、いつの日か「運の女神」としてのあこへの信仰に親しみを感じ始めたようです。 「」

ふみやさんによると、日本国有鉄道に雇われていたあこさんが東京に引っ越してチェッカーとしてデビューし、休憩できたのはおかげだそうです。 彼はインタビューで言った:

「私は神や超能力を本当に信じていませんが、彼女にとって目に見えない運命の力のように感じます。(省略)彼女は東京の学校に通っていたので。彼女を追いかけて東京に行くほうがいいと思います。デビューしましたが、東京に行ってから1年後にチェッカーズでデビューしました。その時、東京に行っていなかったら、今までにどんな生活をしていたでしょうか?」(「MINE」1月2001年号)

非常に人気のあるアイドルだったフミヤは、結婚を後悔したことは一度もないようです。

「1988年にシブがき隊が解散してしばらくして、布川敏和(56)は当時付き合っていたつちやかおり(57)と結婚するのではないかと心配していました。一種のアドバイス。

「私を見てください。彼女はアイドルですが、結婚していて、ファンもいます。もうアイドルだから結婚できない時代ではありません。」

その言葉が私の背中を押し、布川さんは結婚することを決心しました。 「(エンターテインメントエージェンシー)

■42年以上にわたって培われてきた「二人のルール」とは?

ふみやあこはデートを始めてから手をつないで歩いています。 42年以上に渡って培われてきた「二人のルール」はこれだけではないと言われています。

「それは」戦いが長引くことは決してないということを意味します。 「会話がないときは溝が深くなり、喧嘩になってもすぐに相手と話をするという発想です。

そして、2人の子供が成長する前から、「夫婦だけで」食事に出かける機会を作りました。 それは家にいてストレスの出口がなかったあなたの妻にとっての懸念です。

同じように、不宮さんはビジネスマンとのディナーパーティーに行っても、二次会に出席することはめったにないと聞きました。 妻は寂しくて、フミヤが遅れて帰ってくると気分が悪い。 「(フミヤの知人)

ふみやは7月に日本武道館で60歳の記念ライブを、10月から弟の藤井尚之と結成したF-BLOODの全国ツアーに向けて準備を進めている。

幸運の女神を手放さなかったからこそ、充実した音楽生活を送っているのだろうか。

<<(カップル)には良い点と悪い点があります。 ガタガタするハートの半分と半分を組み合わせて、最終的に1つのハートを作ることができるのだろうか」(「LEE」1997年2月号)

藤井夫妻のガタガタした心は今でも完璧にフィットしているようです。

Leave a Comment