賄賂の疑いで岩手県競馬協会の職員を逮捕仙台の広告会社の社長から飲食の接待を受けましたか? | 河北新報オンラインニュース/オンラインニュース

岩手県庁

岩手県警は28日、岩手県競馬協会(盛岡市)からの広告関連広告の委託の都合上、飲食物の接待を受けたと発表した。 (60)=盛岡市=逮捕された。 また、贈収賄の疑いで、仙台市青葉区の男(61)=朝日広告社(仙台市)の社長である盛岡市(55)=を逮捕した。 都道府県警察は、彼らの承認または不承認を明らかにしていません。

事業部長の逮捕容疑は、2019年1月から今年4月上旬にかけて、朝日広告株式会社からの受注を都合に、競馬協会の広告事業委託企画コンペで行われた。 1万円の飲食エンターテインメント、または1万円のギフト券や洋酒の受け取り。

28日、県警は岩手県庁の競馬改革推進事務所を捜索した。

県警によると、事業部長が企画大会の裁判官を務め、審査結果を承認する権利を持っていたという。 県警は、東日本の朝日広告社に有利な得点をつけて、注文を受けやすくしたことを考慮して、支援を進めている。

競馬組合の達増拓也知事は、「職員が逮捕されたことを遺憾に思い、県民に深くお詫び申し上げます。お話を伺いました。

河北新報メールマガジン登録はこちら

Leave a Comment