逆転ドラマの始まりは「罰の変化」人類グループのDeNA三浦監督が示した「厳しさ」の理由| フルカウント

3イニングで楠本の2代打→桑原が2倍

■DeNA6-2阪神(横浜、28日)

DeNAは28日横浜スタジアムで阪神タイガースを6-2で制した。 負けた連勝を3で止めました。2ポイント後ろをひっくり返し、逆にゲームに勝ちます。 始まりは「罰の変更」でした。

DENAは3回2塁2、3塁で2点を追うチャンスがあり、「右翼2塁」で先発した外野手楠本泰志に代打を送った。 結局、楠本はこれまでに2つの悲しみの失敗をした。 最初のディフェンスでは、タイムリーなエラーが島田の右フロントヒットを2塁に倒し、死ぬことはなかった。 3回にはゴールに至らなかったが、チカモトの右フロントヒットを2死1塁で再び倒し、1塁走者を三塁に進めた。

2つのエラーの両方が急いでボールを投げ、ボールがグラブに収まらなかったように見えましたが、これは三浦大輔監督の忍袋を壊しました。 「2回ミスをして流れが悪かった。(試合前のミーティングで)ミスをなくそうと話していたとき、同じことを2回繰り返しているようだ…でプレーしたい他にもたくさんの人がいる」と語った。

楠本の代わりに急いで任命された外野手桑原将志が、阪神タイガースからスタートした西勇輝が外野手で1対1のシュートを放った。 打球は中堅手近本光司のグラブの先を横切り、必死に後方に走ってジャンプキャッチを試み、タイでダブルダブルになって復活した。 「そこにポイントが取れず、丸呑みになってしまうと、また不快な流れになってしまいます。彼はよく食べて私を殴りました」と三浦は語った。

「ゲームでプレーしたい人は他にもたくさんいます。」

Leave a Comment