青色光は有機ELの劣化を促進します。 Toyoカラーデモンストレーション-PCウォッチ

東洋色株式会社有機EL素子を青色光から保護することで有機ELディスプレイの劣化を抑制できることを28日発表。

有機ELディスプレイは、画質が高いことから高級スマートフォンやテレビでの使用が増えていますが、特に青色要素の耐久性が低く、時間の経過とともに画質が低下するため、製品寿命が短いと言われています。液晶ディスプレイよりも。 ing。 光と紫外線を放出する反復要素に加えて、青色光も原因であると推定されましたが、効果があるかどうかは証明されていませんでした。

今回は山形大学有機ELイノベーションセンターの協力を得て、現在の有機ELディスプレイに採用されている円形偏光板、汎用UV吸収体、同社の青色光カット剤を用いて青色有機EL素子を保護しています。 耐光試験を実施しました。 その結果、円偏光板の代わりに紫外線吸収剤と青色光カット剤で保護することにより、駆動電圧の上昇を現在のそれと比較して約60%抑制でき、円偏光板のない構造でも劣化します。 十分に抑制できることがわかった。

これにより、有機ELディスプレイ製品の寿命が延び、円形偏光プレートレス構造により、過酷な環境や折り畳み/転がり可能な端子での使用が期待されます。

Leave a Comment