SF連銀の高インフレ抑制は「まだ終わっていない」 – Bloomberg

サンフランシスコ連銀のデイリー総裁は、40年ぶりの高インフレに対するFRBの闘いは「まだ終わっていない」と述べ、当局は物価安定の達成に全力を尽くしていると述べた。 述べました。

デイリー氏はLinkedInのインタビューで、「良いスタートを切った。これまでの成果に非常に満足している」と述べたが、インフレは「高すぎる」と述べた。 「私たちは依然として物価安定を達成するために非常に決意しており、完全に団結しています。物価安定とは、9.1%のインフレではなく、2%に近いインフレを意味します。したがって、まだ長い道のりがあります。」 やりました。

FOMC、2回連続で利上げ75bp~パウエル議長は不況を否定(4)

「私たちの仕事の一部は、金利が将来どこに向かう可能性が高いかを人々に伝えることであり、金融​​市場はそれを考慮に入れるだろう. 「人々は私たちが将来何をするかについて期待を持っており、その期待に基づいて反応しています。すべてを解き放ち、仕事が終わったと言うのは時期尚早です」と彼は言いました.

需要測定がつまずく中、経済は年率0.9%で縮小

上段はGDP(前四半期からの年率変化率)、下段は実質国内最終需要(同)

出典: 米国商務省、経済分析局

元のタイトル:

デーリーは、FRBが高インフレ率を抑えるために「どこにも近づいていない」と言います(抜粋)

Leave a Comment