1本10円…安い自動販売機なぜ大阪にこんなにたくさんあるの? | 日本放送協会

100円! 80円! !! 50円! !! !!
大阪の街では、「安い」や「安い」というラベルの付いた飲み物の自動販売機がよく見られます。
中には10円かかるものもあります…

現在、さまざまなものが値上げされています。
大阪に安い自動販売機がたくさんあるのはなぜですか?

100円の自動販売機がたくさん

記者として大阪に赴任してから2年以上になります。 気になりました。
100円で自動販売機をよく見かけます。

通常の自動販売機が150円や160円で売られていても、大阪では…


「ワンコイン!」 「値下げ!!」
黄色や青などのカラフルな「安い自動販売機」が、存在感のあるポップスとともにあちこちに配置されています。


いくつありますか?
業界団体に問い合わせたところ、日本に設置されている自動販売機の台数はわかっていましたが、「価格帯がわからない」と答えました。

記者は歩いて調べた

そこで、実際に大阪の中心部を歩き回って調べてみることにしました。


JR大阪駅の隣の駅、天満を選びました。
繁華街周辺500mを調べてみると、公園や駐車場に100円の自動販売機が次々と見つかりました。 一部の自動販売機は80円または50円で販売されています。


実は100台未満で47台の自動販売機が売られていました。

どのように利益を上げていますか?

安い自動販売機でどうやって儲かるの?
設置している会社を訪ねました。


大阪府に約400台の自動販売機を設置している会社の代表である道端博之。
道畑は他社の自動販売機で飲み物を120円で100円で販売している。

100円自動販売機会社道端博之
「大阪の人々は食料価格の上昇に敏感なので、1枚のコインが購入しやすいです。」

大阪には「営利」にこだわる人がたくさんいます。 道端さんは13年前の創業以来100円で売っています。

道畑さんによると、100円で売れる秘密は2つあるそうです。

シークレット#1地元の飲料メーカー

まず、地元の飲料メーカーと良好な関係を築いています。

大阪には、日本のサングリア飲料会社やチェリオコーポレーションなど、中規模の飲料メーカーがたくさんあります。

道畑の会社では、これらのメーカーと日常的にコミュニケーションをとることで、季節外れの飲み物や、ラベルのデザインが変更された古いデザインの商品を優先的かつ安価に購入することができます。 できると言われています。

メーカーの観点からは、コストが低くても在庫を受け入れるため、お互いに有利な関係にあります。

秘密#2人口密度の高い大阪の地理

二つ目は、人口密度の高い大阪の特徴です。


大阪は梅田周辺の「北」、難波と心斎橋周辺の「南」、天王寺と阿倍野など比較的人口が少ない。

自動販売機に商品を補充する場合でも、効率的なルートで作業に集中できるため、配送コストを抑えることができます。

100円自動販売機会社道端博之
「大阪は小さな町なので、人口が集中している地域に集中すれば、売り上げは非常に簡単になります。」

ボトル1本10円の自動販売機も見つ​​けました!

調査を進めていくうちに、意外な自動販売機も発見しました。
なんと1本10円!


一桁間違っていませんか? 間違いだと思いながら近づいてきたら…

商品が展示されている空間にいる猫のイラスト。
何が売られているのかわかりません。

とはいえ、次々と買いに来る人もいます。
何が出たのか聞いたら…

「良いものが出てくることもあれば、悪いことが出てくることもあります。」
「夏にスープの粉が出ても。もう10円なのでそうですね」

取材当日は蒸し暑かったので、買った時にスープの粉が出ないように祈っていました…


出てきたのは、500mlのペットボトルに入ったヒュウガナツ風味の飲み物でした。

それでも、なぜ10円で売れるのでしょうか。
自動販売機を設置している会社の鎌坂浩二さんに聞いてみたら…


「私は赤字の準備ができています。」

やっぱり10円で利益が出ないようです。
でもなんでまだ10円で売っているの?

この会社は関西に50〜100円で約500台の自動販売機を持っています。
賞味期限が近い商品を安く購入する場合は在庫が多く、天候により売れ行きが悪い日が続くと言われています。

廃棄費用は1本約20円と言われています。


10円自動販売機会社鎌坂浩二
「1000件あり、自動販売機で通常価格で800件売れる可能性がありますが、200件残っている可能性があります。賞味期限が切れると、処分料がかかると思われる場合は10円で200件事件を処理したほうがいいのではないですか?」

50円と100円の自動販売機の隣に10円の自動販売機が2台設置されています。
10年前に設置されてすぐにハエのように売れたそうです。

10円の自動販売機が赤字でも、顧客を惹きつけ、本業である50円や100円の安い自動販売機で購入する機会として利用したいという。

飲料メーカーは安価な自動販売機をどのように見ていますか?

安い自動販売機は私たちにとって良いのですが、製品を作る飲料メーカーは何を見ていますか?

大阪に本社を置く大同さんに聞いてみました。


大同担当者
「定価で売れるのは嬉しいですが、スーパーで売ろうとすると価格競争が激しくなり、価格が暴落しやすくなります。一方、自動販売機は安定して稼げるというメリットがあります。利益。”

価格以外の人にアピールする自動販売機

大同の売上高の80%を自動販売機が占めており、価格以外の人にもアピールするために、自動販売機の高度化と多様化を進めています。

例えば、顔認識機能を備えた自動販売機。


事前に顔を登録しておけば、コインを持たずに飲み物を購入でき、自動的に代金が差し引かれます。

食品工場の方から「お財布が持てないので、更衣室に行くのが面倒」という要望に応えて開発されました。

また、地下鉄大阪駅内の自動販売機では、ジュースの横にストッキングや使い捨ておむつを販売しています。


ストッキングは、彼らがネットワーク上にいることに気づいた人々のために役立つかもしれません。

飲み物だけでなく、さまざまなものを自動販売機で購入できます。

大阪の自動販売機は安いだけでなく、新しい自動販売機文化も生まれるかもしれません。

このコンテンツは、6月23日午後6時からNHK総合テレビジョン「ホット関西」で発表されます。

なんで?おなじみの質問を教えてください

“どうしてこれなの?” 「関西だけ?」
オンラインで検索してもわからない質問はありますか?
以下にリンクされている投稿フォームを使用して、おなじみの質問をしてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published.