10隻のロシアと中国の軍艦が日本列島を周回しています…東海は緊張しています| 中央日報| 中央日報

Ⓒ中央日報/中央日報日本語版2022.06.23 14:06

中国に続いて対馬海峡(対馬海峡)を通過したロシア軍艦が5隻確認された。 日本国防省によると、先週、約10隻の中国とロシアの軍艦が日本列島を周回していた。 中国とロシアは、それぞれ台湾とウクライナの問題で対立している米国とアジアの友好国にデモを行っているようです。

共同通信によると、岸信夫国防相はカンボジアのプノンペンで記者会見を行い、同日、ASEAN(東南アジア諸国連合)国防相会議が開かれた。 カンボジアに航海し、対馬海峡を通過した後、6月中旬から日本海で活躍しています。 「」

これに先立ち、12日、中国の最先端の駆逐艦と補給船からなる艦隊が対馬海峡を通過し、東海(通河、日本名:日本海)に侵入したことが初めて発見されました。日本)。 防衛省合同職員事務所によると、これらの艦隊は北海道とロシアの宗谷海峡、津軽海峡、千葉県南東部220 kmを通過し、21日に東京都南部の伊豆諸島に出現した。 ナビゲートしました。 昨年3月に就役した12,000トン級の最先端の055駆逐艦「らさつ」が率いる3隻の艦隊です。

岸信夫国防相は、「短期間に同じ航路で日本を航行するロシアと中国の船約10隻は、両国による日本周辺の軍事的存在の証明である」と「日本へ」と批判した。 デモンストレーションと見なされます。 「」

岸信夫国防相は、21日から22日の間に、さらに6隻の中国船が東シナ海から太平洋に移動し、沖縄本島南部の島々の近くを通過したことを明らかにした。 岸信夫国防相はまた、最近、29人の中国人戦闘機が台湾の防空識別圏の南西部に入ったという事実に言及し、「我々は懸念して傾向を監視する」と述べた。

CNNは22日のソウルの記事で、「ロシアと中国の対日関係は、ウクライナと台湾の問題により悪化しており、日本に明らかな圧力がかかっている」と述べた。 テンプル大学テンプル大学ジャパンキャンパスの政治学准教授であるジェームス・ブラウン氏は、「これらの活動は日本にとって懸念事項である」と述べた。 「自衛隊がロシアと中国の艦隊の動きを追跡することは特に厄介です。」 「中国共産党は台湾問題に関する日本の発言に腹を立て、ロシアは日本のウクライナへの支持に腹を立てた」と彼は日本への圧力の理由を説明した。 「ロシアと中国の同盟は、日本にとって戦略的な悪夢だ。私は指摘した。

Leave a Reply

Your email address will not be published.