2022-23シーズン以降のクラブ管理システムに関する記者会見の報告| サンロッカーズ渋谷

本日、2022年6月23日、日立サンロッカーズ株式会社(サンロッカーズ渋谷事業会社/日立サンロッカーズ)は、セガサミーホールディングス株式会社の完全子会社となります。 発表され、記者会見が行われました。 親会社である日立製作所(以下、日立)からセガサミーに全株式を譲渡し、2022年から23年シーズンにかけて新体制で運営する。 セガサミーのエンターテインメント力をサンロッカーズ渋谷のバスケットに広めることで、できるだけ多くの人に感動を与える体験を提供します。

左から、マスコットサンディ、セガサミー、里見治紀、日立サンロッカーズ、浦瀬正一

■セガサミーホールディングス株式会社グループCEO:里見治紀コメント
セガサミーは、人々を楽しませることを事業とするエンターテインメント企業です。 私たちのグループの使命は、「感動的な体験を創造し続ける-社会をよりエネルギッシュでカラフルにする-」です。私たちは多くの人々に「感動的な体験」を提供するよう努めています。 また、スポーツ活動にも力を入れています。 スポーツは、スポーツをする人だけでなく、スポーツを応援する人や見る人にも、圧倒的な感動と共感を与えるコンテンツです。 これからもチーム運営に深く関わり、スポーツとの関わりを深めていきます。 総合エンターテインメント企業として、ファンとともにリーグ優勝を目指します。 「バスケットボールで日本を元気にする!」をしましょう。

■日立サンロッカーズ株式会社代表取締役社長浦名瀬正一氏のコメント
1935年に設立された日立本社バスケットボールクラブと1956年に設立された日立大阪バスケットボールクラブが合併し、2000年に「日立サンロッカーズ」を結成。その後、2016年にBリーグを発足し、拠点を渋谷区に移転。東京と「サンロッカーズ渋谷」として6シーズン戦ってきました。
「バスケットボールを通じてすべての人に夢と希望を与え、地域と地域に新たな価値を創造する」というクラブ理念と、セガサミーグループの新たな使命「感動的な体験を創造し続ける-より多くの社会」「エネルギッシュでカラフル。” 私たちはクラブの哲学に基づいて行動し、その使命を達成するために毎日一生懸命働きたいと思っています。
日立グループの87年の歴史を終わらせるのは寂しいですが、チームの歴史は続きます。 日本を代表するエンターテインメント企業グループであるセガサミーとともに、私たちだけでは成し得なかった新たな成長を実現するために全力を尽くします。 ファンの皆様のご支援、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

Leave a Reply

Your email address will not be published.