2023年後半は「ブギウギ」!連続TV小説ブギウジ・・・ NHK_PR☆NHKオンライン

歌って、踊って、興奮して、興奮して!
明るい笑顔と真っ直ぐな心で
ヒロイン鈴子が歌手の道を進む
日本全国にエネルギーを届ける

第109回連続TV小説「ブギウギ」のモデルは、戦後の大スター、笠置シヅ子。

「東京ブギウギ」や「ショッピングブギ」などの名曲とともに、日本の朝に満ちた笑顔をお届けします。

※実在の笠置シヅ子(1914-1985)をモデルに、激動の時代を迎え、歌と踊りを続けた歌手の激動の物語として大胆に再構築。 キャラクター名とグループ名の一部は名前が変更され、フィクションとして描かれます。 オリジナルはありません。

笑顔が大きくて底が明るいヒロインは、多くの困難を乗り越え、
歌手の道をたどり、人々に勇気と希望を与えましょう

笠置シヅ子の歌を聴くと、体が動き出し、口笛を吹くようになり、落ち込んだ気持ちを吹き飛ばすエネルギーに満ちあふれます。 毎朝、心が躍るような時間をお届けします。

ヒロインの鈴子は香川県で生まれ、大阪で育ちました。 戦後、銭湯の看板少女「ブギの女王」から大スター歌手に。 彼女は笑顔が大きく、全身を使ったダンスと明るい歌声を持っています。 暗黒戦争時代や燃えるような愛と別れなどのドキドキするものを乗り越えてきたので強いです。

大阪の華やかな舞台、発祥の地である香川への想い、東京への夢の追求──様々な舞台がドラマを彩ります。 このドラマには、朝のドラマでは見たことのない歌や踊りがあります。 心地よいリズムで、日本中、海を越えてエキサイティングなストーリーを世界中に届けていきます。

◆タイトル「ぶぎぎぎ」について

ブギーは元気に踊り始めたくなるような音楽のリズムです。 ブギウギのように、このドラマで多くの人を元気に元気にさせたいです。

◆著者を書く際に 足立足立 ジェントリー

「ぶぎぎぎ」という言葉は音楽用語のひとつですが、その言葉の感覚は「うきうき」という言葉に関連しています。 そして、「エキサイティング」という言葉は、すぐに「エキサイティング」に関連付けられます。
「わくわくしてわくわくする」と聞くと、明るく前向きで楽しいイメージです。
人生は興奮だけではありません。明るく前向きな生き方はもちろん素晴らしいですが、その逆も悪くはありません。 (私は暗くて否定的な性格を持っています!)。
しかし、この作品の主人公である笠置シヅコが生き生きとした表情と踊りで踊り歌った「東京ブギウギ」は、多くの日本人に「明るく前向きに生きる活力」を与えた。戦争。 ..
しかし、明るく元気なメロディーの裏には、笠置シヅ子のさまざまな生活がありました。
笠置シヅ子をモデルにした主人公を描くことで、「今を生きる人々が今必要としている活力」というものを描くことができるのではないかと思いました。 主人公は人を巻き込むこともあれば、巻き込まれることもあり、人に多くの迷惑をかけ、悩みながら生きることもあります。 それは人々の自然な生き方だと思います。 主人公の生き方を見て、笑って主人公の生き方を確認し、ドラマを見て、「生きる活力」のようなもので作品が満たされることを願っています。 増加。

プロフィール
日本映画大学白山キャンパス卒業後、相米慎二所長に師事。 彼は助監督として働き、演技した後、脚本を書き始めました。 2016年には、映画「百円の恋」で日本アカデミー脚本賞、菊島隆三賞を受賞。 2016年、映画「盆の弟」でヨコハマ映画祭脚本賞、NHKドラマ「佐知とマユ」で市川森市川脚本賞を受賞。 2016年に「14の夜」で映画監督デビュー。 2019年、第32回東京国際映画祭コンペティション「喜劇愛妻」で最優秀脚本賞を受賞。 2020年、前後の映画「アンダードッグ」でヨコハマ映画祭脚本賞を受賞。 その他の脚本には、「しのちゃんはあなたの名前を言えない」(2018)、「嘘八百」(2018)、「子供の食堂」(2019)、「嘘八百!ロワイヤル」(2020)などがあります。 NHKでは、土曜ドラマ「六たたみピアノマン」(2021年)と「男が拾った」(6月26日よりBSプレミアム放送)。 彼の著書には、「胸の蚊」、「弱い日記」、「それでも私は妻になりたい」、「私は欲しくないことについて話しているのではない」などがあります。

◆音楽料金服部もとり タカユキタカユキ コメント

稲妻のように時代を駆け抜けた女性。
ブギウギと呼ばれる翼を手に入れ、空高く羽ばたくジェットコースターは、日本中にエネルギーと勇気を振りかけました。お気に入り毎日人生。
朝から、視聴者がワクワクし、ドキドキし、ブギになるように頑張ります。

プロフィール
1965年生まれの作曲家。1983年にフランスに留学し、1988年にパリ国立音楽院を修了。帰国後、映画、演劇、テレビなどの音楽の作曲家として活躍。 映画「藏」「拉致」「ラジオタイム」で日本アカデミー作曲賞を受賞。 NHKでは、大河ドラマ「新撰組!」 「真田丸」と連続TV小説「鈴蘭」。 その他のテレビドラマには、「王様のレストラン」、「ヒーロー」、「ブリリアントクラン」、「半沢直樹」などがあります。 映画「ゴジラモンスタープラネット」「機動戦士ガンダムTHEORIGIN」「ドラエモンシリーズ」「オケピ!」「フックブックロー」の音楽を担当。

◆ストーリー

大正時代の終わりごろ、大阪の繁華街にある小さな銭湯の看板の女の子、花田鈴子は歌ったり踊ったりするのが大好きです。ナイーブてんしんらんまん女の子。 やがて小学生の鈴子は歌と踊りでみんなを笑顔にしたいと思い始め、道頓堀の新オペラ会社に入社。 必死に練習していた鈴子は、その卓越した歌唱力で成長し、際立つ。

1938年、鈴子は東京に引っ越した。 そこで彼女は人気の作曲家と出会い、彼女の運命は劇的に変化します。 彼女は鈴子で、作曲家の指導の下、「ブランコの女王」と呼ばれ、お気に入りになりました。

しかし、戦争が始まると鈴子の置かれる状況は一変します。 彼女が歌った歌は「敵対的な音楽」になり、彼女の歌と踊りは厳しく制限されています。 また、鈴子の弟が出かける。 その時、鈴子さんのお母さんも病気で亡くなりました。

不幸に苦しんでいた鈴子は、若い男に恋をし、結婚を誓った。 しかし、若者の家族は非常に反対しており、結婚は実現が困難です。 やがて戦争は終わり、鈴子は若さを妊娠する。 しかし、若者は病気になります。 会えなかった日々が続き、その月に鈴子に到着したのは青年の訃報だった。 彼女は自分の死を見て結婚することなく別れた。 数日後、鈴子は一人で娘を出産した。

鈴子は娘を一人で育てながらステージで歌う。 そんな中、彼女は「東京ブギウギ」として生まれました。 明るく、飾られておらず、全身で歌う鈴子の真価。 戦後、負傷した日本には歌声が響き渡る。 鈴子さんの歌声に笑顔で歌ったり踊ったりする人が全国に溢れていました。 鈴子は「ブギの女王」として知られるようになり、階段を駆け上がって大スター歌手になりました。

◆製作総指揮福岡敏武

ブギのリズムで元気に元気に歌うヒロイン鈴子は、とても魅力的な笑顔の女の子です。 そして厳しい修行で、苦しみながらも多くの人を笑顔にする大スターに成長。 彼女は率直で人道的で気取らないスターです! 毎朝、ヒロインの成長を見ながら笑ったり泣いたりして、たくさん楽しめるドラマを目指しています。
毎朝、脚本家の足立紳と話をして、力強いドラマを作っています。
音楽の服部隆之は、「東京ブギウギ」の作曲家、服部良一の孫です。 昭和歌謡曲の世界を鮮やかに表現してほしい。
スタッフやパフォーマーと協力して、毎朝エキサイティングなドラマ「ブギウギ」をお届けしたいと思います。

2023年後半
連続TV小説「ぶぎぎぎ」

[Executive Producer]福岡敏武、櫻井宗一

【プロデューサー】橋爪邦臣

【見せる】福井光弘、二見大輔、泉波圭信ほか

Leave a Reply

Your email address will not be published.