6人のトップチームプレーヤー新しいコロナウイルス感染の陽性テストの通知

6人のトップチームプレーヤー新しいコロナウイルス感染の陽性テストの通知

FC琉球では、PCRテストで6人のトップチームプレーヤーが新しいコロナウイルス感染に対して陽性であるとテストされました。 さらに、クラブの1人のメンバーがJリーグのガイドラインに基づく「密接な接触の疑い」の1人であったため、適切な指導と措置の下で、積極的で密接な接触の疑いがチーム活動から切り離されました。 私たちです。

【プレイヤーA】

7月25日(火)朝の発熱症状

都道府県立病院でPCR検査を受け、陽性と診断される

【プレイヤーB】

7月26日(火)研修前の定期抗原定性検査で陽性

都道府県立病院でPCR検査を受け、陽性と診断される

【プレイヤーC】

7月26日(火)研修前の定期抗原定性検査で陽性

都道府県立病院でPCR検査を受け、陽性と診断される

【プレイヤーD】

7月27日(水)朝熱

7月28日(木)都道府県病院でPCR検査を受け、陽性と診断された

【プレイヤーE】

7月27日(水)朝熱

7月28日(木)都道府県病院でPCR検査を受け、陽性と診断された

【プレイヤーF】

7月27日(水)研修前の抗原定性試験で陽性試験

帰国後の発熱症状

7月28日(木)抗原定性検査と発熱症状によるチームドクター陽性診断

*アスリートGはアスリートFと密接に接触している疑いがあります

7月26日(火)に選手「A、B、C」を除く選手・スタッフを対象に、トレーニング前の27日(水)にスクリーニング検査(抗原定性検査)を実施)、選手(選手Gを含む)を除く全選手・スタッフ(選手Gを含む) D、E、F)は陰性であることが確認されています。

また、28日(木)のトレーニング前に実施したスクリーニング検査(抗原定性検査)により、選手(A、B、C、D、E、F、G)を除くすべての選手とスタッフが陰性であることが確認されました。 私たちはここにいる。

FC琉球は今後もコロナウイルス感染予防策を徹底的に実施していきます。

Leave a Comment