ESG投資の試み。化石燃料と武器関連の株式が株式市場で上昇| 楽天証券の投資情報メディア

※このレポートはYouTube動画でもご覧いただけます。
著者の久保田正幸氏が説明します。 以下のリンクからご覧ください。
[Japanese stocks]ESG投資の試み化石燃料と武器関連株が株式市場で上昇

ESG投資は2021年に急成長しました

2021年、ESG投資は世界中で非常に活発でした。 ESG投資は、投資先企業を選定する際にESGスコアを重視する投資手法です。 ESGスコアは、E(環境管理)、S(社会的責任)、G(ガバナンス)の3項目の数値です。

ESGの問題を引き起こした企業の頻繁な株価下落とESGの高得点株の継続的なアウトパフォームに対応して、投資顧問会社でESGを独占的に分析するアナリスト。 置く場所はもっとあります。 また、投資信託においても、ESGを重視したファンドが多額の資金を集め始めています。

ESGで最も重要なことは、少し前まではG(ガバナンス)でした。 しかし、それは2021年に変わりました。最もホットなテーマはE(環境管理)でした。 2021年に米国で環境に焦点を当てたバイデン政権が誕生して以来、米国を含む世界の主要国は一斉に「脱炭素化」の目標を設定してきました。 石炭などの化石燃料を使用する企業にペナルティを課し、脱炭素化に貢献する企業に優遇措置を与える傾向は、世界中、特にヨーロッパと米国で広がっています。

2021年、株式市場に大きな変化がありました。 脱炭素化に貢献している企業の株価を買い、化石燃料事業を営む企業の株価を売りました。 代表は世界最大のEV(電気自動車)であるテスラ。 環境管理会社として高く評価され、時価総額は一時的に1兆ドル(約130兆円)を超えました。 一方、化石燃料事業を営む企業は、利益が高くても低い評価を受けた。

サステナビリティ情報の強制開示

これらの金融市場の大きな変化に対応して、IASB(国際会計基準審議会)は2022年3月にサステナビリティ開示基準(ドラフト)を発表しました。関係者から意見を集め、最終的な標準化に向けて進む予定です。 上場企業などの大企業は、自社グループからのCO2排出量(スコープ1)や発電によるCO2排出量(スコープ2)など、サステナビリティに関する幅広いデータの開示が求められることが予想されます。

これに対応するため、日本の会計基準でもサステナビリティの開示が求められていると考えられています。 上場企業など、国内外の大企業は、財務諸表に財務報告に加えて、持続可能性情報などの非財務情報を大量に報告する必要があります。

アプリで投資することを学ぶ

投資情報メディア「とうしる」の公式アプリ(iOS / Android)が登場!

とうしるの新しい記事や動画が見やすくなりました。 アプリを使用して、お金と投資について必要な情報を入手してください!
すぐにインストールして、知りたいキーワードや好きな作家を登録してみませんか?

アンケートに答える

Leave a Comment