[Hothot Review]6万円前後で買えるモバイルノート。 実用性能に優れた「mouse C4」をレビュー – PC Watch

事務や勉強に便利に使える「マウスC4」

もちろん、スペックが高ければ高いほどできることは増えますが、目的を絞るなら低価格を選んでも間違いではありません。 用途に合った価格と性能のPCをどう選ぶかがポイントですが、2021年に発売された「マウス C4」は低価格でしっかりとした実用性能を備えています。 まさにコストパフォーマンスの高いモバイルノートとして人気を博した1本。 アップデート版が出たので、改めておさらいしてみましょう。

子供や学生の初心者でもハードルが低く導入できる1台

昨今のビジネススタンダードともいえる14型ノートPCは、携帯・据え置き問わず使いやすい実用性の高いサイズです。 オフィスソフトやWebブラウジング、動画再生などの基本的なPC作業やエンタメをカバーする性能を持ち、約10時間のスタミナで丸一日持ち、ビジネスパーソンや動き回る学生に適しています。最小限の荷物で回れます。 する部分になります。

1年前の発売時よりは値上がりしていますが、それでも6万円という低価格で手に入るのは嬉しいですね。

心配な点があるとすれば、それは内部ストレージの不足です。 ただ、外部ストレージで補えるし、メインストレージの交換も比較的容易なので(メーカー保証外ですが)、今後の容量不足への対処法はまだまだあります。 できるだけ価格を抑えたいが、最低限の実用性能は確保したいという人にとって、マウスC4は大きな存在感を持つはずです。

内部ストレージは比較的簡単に交換できますが、ご自身で交換された場合は保証対象外となりますのでご注意ください。

Leave a Comment