[I bought a Tesla Model Y]20分で600万台以上の車を迷わず購入した理由 | レスポンス(Response.jp)

テスラの「モデルY」が発売されるやいなや、著者は編集者でした。 金額は619万円! テスラを買うとはどういう意味ですか? これから始まるテスラ購入までの旅を、消費者目線でレポート連載していきます。 第1回では、わずか20分でゲットできた理由をご紹介しましょう。

20分で600万台以上のポチ

テスラから届いたメールを開くと、 テスラから届いたメールを開くと、価格「619万円」と「納期:8月」の文字。

それは 2022 年 6 月 10 日の午後でした。彼女は突然、Tesla からのメールに気付きました。 彼女は以前、Tesla のサイトで自分のメール アドレスを持っていたので、時折ニュースを受け取ります。

メールのタイトルは「Model Y – Orders Open」でした。

開いてみると「今すぐ購入」のバナー画像がありました。 いよいよです! そう思って、仕事中なのに思わずクリックしてしまいました。 そして見たのは「619万円」という価格と「納期:8月」の文字。

うーん安い! うーん、早い! 何故か急ぎ足で、仕事中なのに牛丼を注文するような感覚でボディカラー、ホイール、内装色を選んで支払いを進めました。 そうだった。 クレジットカード番号を登録し、返金不可の注文手数料15,000円を迷わず支払い、注文を完了しました。 その間約20分! 今までたくさんの車を購入してきましたが、試乗したことも、それまで実物を見たこともありませんでした。

どうやってそんなに早く行動したの? それには理由があります。

実は昨年、2021年からテスラ「モデル3」を購入する予定でした。 去年の2月に100万円近く値下げされて400万円台前半だったので、これは買える! やがて値上げされ、値上げ後は同じものを買いたくなくなりました。

そして、ターゲットを近日発売予定のSUVモデルYに変更。 また、最近流行っているSUVに一度は乗ってみたいという気持ちもあったので、スムーズに気持ちの整理がつきました。

しかし、いつになってもモデルYが発売されるという情報はありません。 毎日Model Yのサイトをチェックして、それが日課になりました。 テスラ「Model 3」自体は、近くの駐車場に黒のModel 3が停まっていて、通勤中に見て「黒もかっこいいな」と思いました。

注文した瞬間 「モデルY」の注文確定の瞬間

試乗モデル3

ある日、テスラから試乗を勧めるメールが届きました。 モデル3です。モデル3を買うなら一度は乗ってみるべきだと思い、試乗の予約をしました。 数週間後、彼女は当時、東京青山のテスラ ストアを訪れました。 Model 3が一台しか展示されていない小さなお店です。 お店の人に予約があることを伝えると、店の前に停められていた3号車に案内されました。

ボディカラーは「ミッドナイトシルバーメタリック」。 かなりクールな色。 簡単な説明を受けて車に乗り込みます。 コロナ禍なので一人で試乗してもらいます。 アクセル、ブレーキ、ステアリングなどクルマの基本性能を気にせずチェックできるのはありがたい。 私は急いで運転席に乗り込んだ。 キーカードをコンソールに置き、ブレーキペダルを踏み、ハンドル右側のレバーを下げます。 お店のおっさんの言うことには素直に従った。

Tesla Model 3(参考画像)Tesla Model 3(参考画像)

私の(しかしそうではない)Model 3 は、青山通りを渋谷方面に進みます。 アクセルを踏むとすぐにトルクの大きさを感じることができました。 途中、車を路肩に停めて車内を入念にチェック。 後部座席に座って確認。 狭さは感じませんでしたが、それ以上にシンプルな内装に驚きました。 安くはありませんが、高級車には見えません。

以前メルセデスの「Eクラス」に乗っていたので、比較せずにはいられません。 価格的にはEクラスの方が若干高い。 しかし、その差は価格差よりも大きかった。 しかし、あまり期待していなかったのも事実です。 時間がかからないように発車して店に戻った。

テスラの試乗はわずか10分ほどだったが、購入を決めるには十分な時間だった。 いよいよモデルY販売への期待が高まります。

カーシェアリングからの卒業

私の元の職業は編集者でした。 また、紙の雑誌、書籍、Web の編集も行っています。 ジャンルは問わないので、企画があれば企業や出版社、編集プロダクションに提案している。 新しい情報への好奇心は並外れているが、東京に住んでいるため「もうカーシェアの時代ですね」と数年前に車を手放したそうです。 だった。

確かに経済的で便利なのですが、カーシェアリングが普及すると、自分が使いたいときに近くのカーシェアリングカーを誰かが使ってくれたり、遠くのカーシェアリングの駐車場に行かなければなりません。 増加しました。 多くのカーシェアリングでは、車を停めた場所に自転車を置いてはいけないので、そこまで歩いて行かなければなりません。 ますます不便に思いました。

また、カーシェアリングはペット禁止です。 数年前、小型犬がいる我が家では使いづらかったです。 やっと、また車を所有したいと思うようになりました。 そう考えるとカーシェアリングは便利ですが、マイカーに比べていきなりどこかへ行くのは簡単ではありません。 編集者として、興味のある場所や話題の場所に気軽に出かけることが不可欠だと感じるようになりました。 はい、いよいよです。

突然の販売開始

テスラ モデルY(参考画像)テスラ モデルY(参考画像)

モデルYの話に戻りましょう。テスラから何のアナウンスもなく新年が始まり、テスラのウェブサイトにアクセスする回数は日に日に減りました。 とはいえ、購買意欲が低下したわけではありません。 テスラのお金を貯めて、その日の準備ができたと確信しています。 とはいえ、自分の力ではどうにもならないので気長に待つしかありません。

そんな中、気になったのは円安。 昨年末から円安が進んでいます。 その理由かどうかは別として、12 月にモデル 3 は昨年最後の値上げとなりました。 その傾向は今年も続き、モデル 3 の価格は 3 月にさらに値上げされ、それ以降毎月値上げされています。

横から見て、「もしモデルYが発売されても600万円台後半か、700万円くらいかな。そうなると、もう買えないクルマだ」と話した。 .” と思い始めています。 買うならロングレンジを考えていたが、モデル3のロングレンジは今年に入ってすでに600万円台に値上がりしていた。

そう思っていたところからいきなりモデルYの販売が始まりました。 「うわ、安い!」と思わずにはいられません。 定価619万円。 ロングレンジのRWDではないので、冷静に考えればモデル3に比べれば無難な価格ですが、とにかくモデルYはこの価格で買えます。 半導体が不足しているにもかかわらず、納期は8月を予定しています。 では、気になってクリックしてみました。

そして、最初の体験が始まりました。

田代正人
1963年福岡県生まれ。1986年九州大学工学部卒業後、朝日新聞社に入社。 その後、学習研究社のファッション女性誌編集者、ダイヤモンド社のウェブマスター、雑誌編集者、書籍編集者を経て、2007年株式会社メディアナレッジを設立。 出版社・電子出版社、Webプロデューサー、PRコンサルタントを経て、現在、駒沢女子大学教授、桜美林大学非常勤講師。 専門は編集論。

Leave a Comment