[Illustration]7月前半から全国旅行支援を開始都道府県割引とGoTo旅行の違いは? ホテル/トラベルクーポンメディアエアステア

都道府県割引(ブロック割引)、全市民対象

全国旅行サポート(全国版)NEW
割引率(1泊):40%
最大割引(個人滞在):交通費8,000円/その他5,000円
クーポン(個人滞在):平日3,000円/休日1,000円

都道府県割引は7月14日まで延長
都道府県割引クーポン:楽天トラベル / ルルブトラベル / ジャランネット

観光庁の締め切りは6月末。都道府県割引支援を7月14日まで延長すると発表した。7月上半期から「全国旅行支援」として全国に拡大し、補助金の上限を5000円から8000円に拡大する。すること。

助成率は従来の50%から40%に引き下げられ、助成額は現在の1人1泊5,000円から新幹線とフライトを合わせた旅行で8,000円に引き上げられます。 また、平日は2,000円のクーポンが3,000円に引き上げられます。

今回は、7月上旬に開始が発表された「全国旅行支援」の割引率、日程、申し込み方法、宿泊期間、割引目標などの詳細をご説明します。

「全国旅行支援」と観光支援対策まとめ

今後の観光支援策のまとめ

[1]都道府県割引
6月末から7月14日まで延長
[2]全国旅行サポート
7月前半から全国開催
[3]GoTo Travel?
感染状況を観察しながら柔軟に対応

旅行で最大7,000円節約””都道府県割引4月からは「地域ブロック割引」に拡大し、関東や近畿など6ブロックの住民が割引を利用できるようになりました。

都道府県割引は6月末に開催される予定でしたが、現在のキャンペーン内容は7月14日まで延長されることになりました。また、7月前半までに「全国旅行支援」を実施します。旅費を最大11,000円節約できます。

「全国旅行支援」終了後、全国旅行支援を延長するか、当面延期されていた「Go To Travel」を再開するかは未定ですので、感染状況を観察しながら柔軟に対応していきます。 なる。

「全国旅行支援」のイラストとは?

7月上旬から開催される「全国旅行支援」は、1人1泊最大8,000円までの旅行料金を40%割引し、レストランで利用できるクーポンを提供するキャンペーンです。等、お一人様一泊。 3,000円まで配布します。

旅行割引の場合、最大割引額は、プランに交通機関(鉄道、バス、フライト)が含まれるか、宿泊プランが含まれるかによって異なります。 割引額の上限は、交通プラン1万円、宿泊プラン7千円です。 交通機関のあるプランでは割引額が高く設定されています。

また、平日の旅行需要の多様化の観点から、クーポンの配布額は平日と休日で異なり、平日はお一人様3,000円、休日はお一人様1,000円となります。 配布されます。 平日はもっとお得になります。

キャンペーン名 全国旅行サポート
カット量 (1)旅行料金を最大40%割引
交通機関付きプラン上限:8,000円
その他の上限:5,000円
(2)1泊3,000円までのクーポン券
平日:3,000円
休日:1,000円
補助条件 国民
開催日 2022年7月前半から8月31日まで*
※8月10日〜8月21日を除く
ノート ・3回目の予防接種またはPCR検査などの陰性証明書の提示

「全国旅行支援」の開始予定日と実施期間

「全国旅行支援」は、6月の感染状況に基づいています。7月前半から開催予定で、実施期間は8月末まで。夏の繁忙期であるお盆シーズンは、除外日となる予定です。

開始日は未定ですが、当初6月末に予定されていた「都道府県割引」が7月14日まで延長されたことを考慮し、7月15日から開催されます。 これが起こる可能性が高いです。

新たにコロナウイルスに感染する人の数は、全国で1か月以上かけて徐々に減少しており、このような状況が続くと、7月前半から予定通り開催されることが見込まれます。

「全国旅行支援」と「都道府県割引」の主な変更点

6月末に予定されていた都道府県割引は、現在の内容で7月14日まで延長される。 7月前半から都道府県割引を全国に拡大し、割引内容やクーポン金額を大幅に変更して「全国旅行支援」を開始します。

割引率は50%から40%に引き下げられ、割引限度額は現在の1人1泊5,000円から電車、バス、飛行機などのツアーでは8,000円に引き上げられます。

また、割引利用者に配布するクーポンは、従来の県民割引である「全国旅行支援」で、1人1泊2,000円から平日3,000円、休日1,000円に変更された。 増加。

また、補助金の額については、県の割引は1人1泊7,000円(5,000円割引と2,000円クーポン)でしたが、特に平日の補助金が多い場合は「全国旅行支援」があります。 、お一人様11,000円(8,000円割引&3,000円クーポン)。

キャンペーン名 都道府県割引 全国旅行サポート
カット量 (1)旅行料金を最大50%割引
割引限度額:1泊5,000円
(2)クーポン配布
お一人様2,000円まで
(1)旅行料金を最大40%割引
交通機関付きプラン上限:8,000円
上記以外のプラン上限:5,000円
(2)クーポン配布
平日:3,000円/泊
休日:1,000円/泊
補助条件 エリアブロックの居住者 国民
補助金対象 ・県内旅行
・地域ブロック内を移動する
・県内旅行
・対象県への旅行※
※都道府県からの要請により、都道府県への旅行はサポート対象外となります。
実施期間 〜2022年7月14日 2022年7月前半から
感染症対策 ・3回の予防接種やPCR検査などのネガティブプルーフ ・3回の予防接種やPCR検査などのネガティブプルーフ

割引限度額を引き上げる

割引限度額を引き上げる

旅行代金が50%割引になる都道府県割引とは対照的に、「全国旅行支援」では割引率が40%に引き下げられます。 一方、鉄道、バス、飛行機などの交通手段を利用する計画では、上限額を1人1泊5,000円から8,000円に引き上げる。

「交通機関付きプラン」の方がお得です!

交通機関を利用したプランの場合、最大8,000円の補助金

県割引では、対象となる宿泊プランであれば割引額は変わりませんが、「全国旅行支援」では、予約した旅行プランによって最大割引額が変わります。

電車、バス、飛行機などの交通機関を利用する場合は、1泊1人あたり最大8,000円、宿泊のみの場合は、1泊1人あたり最大5,000円となります。 それはより有益になります。

平日3,000円クーポン

平日の使用に大きな価値があります!

平日と休日で割引額に差がないため、利用集中を反映して平日の多様化の観点から、利用日によってレストラン等で利用できるクーポンの配布量が多い。休日。 変更します。

都道府県割引では、平日・祝日で最大2,000円のクーポンが配布されますが、「全国旅行支援」では、平日3,000円、休日で1,000円のクーポンが配布されます。

「全国旅行支援」と「旅行に行く」の違い

もともと2022年6月に開催予定だった「全国旅行支援」と延期された「新旅行」と「全国旅行支援」を比較すると、大きな違いはないことがわかります。

「新旅行旅行」は延期されましたが、「新旅行旅行」とほぼ同様の観光支援策が開始されるので朗報だと思います。

キャンペーン名 新しいGoToトラベル 全国旅行サポート
カット量 (1)旅行料金を最大30%割引
交通機関付きプラン上限:10,000円
宿泊プラン上限:7,000円
(2)クーポン配布
平日:3,000円/泊
休日:1,000円/泊
(1)旅行料金を最大40%割引
交通機関付きプラン上限:8,000円
上記以外のプラン上限:5,000円
(2)クーポン配布
平日:3,000円/泊
休日:1,000円/泊
補助条件 国民 国民
実施期間 もう一度送ってください 2022年7月前半から
感染症対策 ・3回の予防接種やPCR検査などのネガティブプルーフ ・3回の予防接種やPCR検査などのネガティブプルーフ

「全国旅行支援」が始まるまで都道府県割引を利用することをお勧めします

県割引は、宿泊割引とクーポン配布で最大7,000円の旅行割引キャンペーンです。 旅行割引は、地域ブロックベースで利用できるようになりました。

長い間割引がなかった東京でも、6月10日から7月末まで東京住民向けのユニークな旅行需要刺激策「モットー東京」を試験的に開催しています。

「全国旅行支援」は7月前半から開始するので、7月14日まで開催される「都道府県割引」の利用をお勧めします。

7月1日から7月14日までの予約はまだ多くの都道府県で開始されておらず、遅れた方でも再度予約する機会がありますのでご注意ください。

Leave a Reply

Your email address will not be published.