[Interview]始まろうとしている「新しい冒険」「FFXIV」。 ドラゴンの詩の戦争から住宅まで、パッチ6.1のハイライトについてKichiPに質問してください–GAMEWatch

スクウェア・エニックスは、4月中旬にプレイステーション4 / Windows / Mac向けのMMORPG「ファイナルファンタジーXIV:あかつきのフィナーレ(FFXIV)」の最新アップデートパッチ6.1「ニューアドベンチャー」を実装します。

「オールドFFXIV」から10年以上の歴史を持つハイデリンゾディアックは「6.0」で完成し、このパッチ「6.1」から全く新しい冒険が始まります。 また、オリュンポス十二神の秘密を明かす新24人同盟襲撃「エオルゼアのミソロジー」や延期された終盤「ゼツリュウ詩戦争」など、ユニークなバトルコンテンツも登場。

『第69回プロデューサーレターLIVE』の放送直後の3月7日、パッチ6.1のハイライトをプロデューサー兼監督の吉田直樹に聞く機会がありました。 直後にPLLが近づいてきてパッチの空気を感じてほしい。

パッチアートのラフなタッチへの取り組み

-。まず、先日「プロデューサーレターライブ(PLL)」で発表されたパッチアートとパッチタイトルについてどう思いますか?

吉田氏:「新エオルゼア」から「暁のフィナーレ」までのストーリーを体験した人なら誰でも、「これから何が起こるのか、何と戦うのか…」と感じたかもしれません。 ある意味では、区切りが多すぎるため、「少し燃え尽きた」ように感じるかもしれません。 フィナーレをしっかりと届けるつもりだったので、反応があるのではないかと思いました。

あえてラフなタッチで始めたところを想像します

今回は「あかつきのフィナーレ」の最後に、一度ヒーローの称号を取り、再び冒険家として、新しい世界に残る謎に向かいます。 当時、「FFXIV」が色んなところに行き、色んな楽しみを持って届ける方法を考えたとき、シンプルなメッセージが大事だと思いました。 だから、一番いいのはパッチタイトル「ニューアドベンチャー」なのかな…それが最大の理由です(笑)。

私は「スターウォーズ」オタクでもあるので、「ニューホープ」(編集者注、エピソード4のサブタイトル)の明確さに近づきたいと思いました。 『スター・ウォーズ』ではまだ見たことのない世界の「新たな希望」でしたが、 『FFXIV』では 『6.0』までやったのでタイトルは 『ニューアドベンチャー』。 真直度がよく伝わると思いました。

その話をもとに、パッチビジュアルを注文しました。 プレイヤーの分身である光の戦士は、さまざまな冒険や戦いを通じてこの時点に到達しました。 そのシルエットを背景に、「次の冒険に行く」と日当たりの良い形でまっすぐに書いてほしい。 残りは象徴的な青い空です。 私にとって「FF」は青空のイメージがかなり強いので、しっかりと出せるように色を調整しながら仕上げてもらいました。

また、冒険心を持たせるために、メインラインをフィニッシュするのではなく、少しラフにしたいと言った。 はっきりとした線で描くのではなく、いろいろな未来があることも含めて、ラフな感じで描いてもらいました。

線のタッチで絵の印象が大きいと思います。 だから毎回メインラインの描き方を決めようとしています。 今回は大まかに仕上げてほしいとお話しましたが、より良い意味では方向性は決まっていません。 今回は意図的に描きすぎないように話しました。

-。それを思い出して、これまでのメインストーリーは強い政治的側面を持っていました。 このパッチイラストからは冒険家のように感じますが、どんな冒険になるのでしょうか?

吉田氏:今まで、私は政治ドラマをやりたいという強い願望を持っていませんでした。 しかし、昔の「FFXIV」から続いた初期の3カ国の物語を織り込むことは避けられないことですが、その結果、世界は厚くなります。

世界中の誰もが安定していて、肩を抱えて手をつないでいると言っているのではありません。冒険の世界が広がるにつれて、私たちは新しい問題に遭遇すると思います。 しかし、それは政治ドラマではなく、世界の謎を解き明かそうとする前に出てくる障害…まず、世界に残っている謎を追求した物語を描きたいと思っています。 増加。

たとえば、なぜ世界が分断されたのかは理解できますが、そもそも他の世界はどうでしょうか。 光の戦士は彼の体を第一世界に運ぶことができます、しかし今のところ、それはすべてです。 原始世界のすべての地図が埋められているわけではありません。 まだ見たことのない海の向こう側にあるのは…新大陸ではまだまだ活動が続いていると思います(笑)。 とりあえず、次のカードがどこに行くのか、どのようにカードがめくられるのか楽しみにしていてください。

[Main quest]

タタールと話している光の戦士。それは新しい冒険のための相談ですか?

ラザハンに向けて出発したエスティニアンとの早期の再会となります

-。それは、すでに述べた次の拡張「7.0」への足がかりですか?

吉田氏:「FFXIV」のいいところは、テンポが遅くても、極端な日和見主義に見えないようにストーリーを作るのに時間がかかることだと思います。 それも開発チームの特徴なのかしら。 実は、パッチ「3.0」の最後から「ダークウォリアー」という言葉が出てきて、パッチ「3.4」にダークウォリアーのリアリティが現れ始めました。

これまで、次元が分割され、それぞれにストーリーがあるという事実にパッチを当ててきました。 冒険を説得し、世界の謎に挑戦するために、私は再び習得する知識と能力に注意深く取り組み続けます。

そのことを念頭に置いて、パッチを1つだけ使って怒りの波を展開するようなことはするつもりはなく、新しいストーリーや新しい冒険に向けて一歩一歩踏み出すことを考えています。

-。暁藩の人たちに何が起こるのか、第13世界の復興計画に何が起こるのかなど、色々なヒントが残っていると思います。 そのような場所はこれから明らかになるのでしょうか?

吉田氏:前のPLLで言ったように、誰もがメモリを失って最初からやり直すわけではありません。 『あかつきのフィナーレ』はハイデリンゾディアックの最終版であり、 『FFXIV』の最初の物語が終わっても、物語のタイムラインと人々の気持ちは続いています。 暁のメンバーが急にリニューアルし、元のメンバーが全く登場せず、見知らぬ人との冒険が始まらない。

11年経ちましたが、当然、キャラクターごとに気持ちが伝わってくると思います。 彼らとの絆はそれほど簡単には消えないので、彼らと一緒に起こっている冒険と考えてください。

[Main quest]

チャーリーンはまだ冒険の舞台になりますか?

-。このパッチでは、インスタンスダンジョン(ID)の名前が非表示になっていますが、IDの名前が非表示になるのは初めてではありませんか? 本編のせいで話せないところですか?

吉田氏:話せないところじゃない…放送直前だったので秘密にしておこうと言ったんですけど(笑)。 コミュニティチームが最終確認のためにPLLの資料を送ったとき、私はプロモーションチームに突然横になるように言いました。

-。それはあなたがきれいな状態で旅行したいという意味ですか? あなたが名前を得るとき、あなたはあなたがそこに行くことを知っています。

吉田氏:事前に画像を添付していただけませんか? そこに繰り広げられる物語が、事前に予想していたものとは全く違うのなら、「きっとそうなるだろう」というプレ印象が非常にポジティブに働くのではないかと思います。 もしそうなら、私は横になっている方が良いと思います。 いずれにせよ、それは少しいたずらです。 ごめんなさい(笑)。

-。「暁フィナーレ」の休憩で、この6.1は、たとえば、ここから休憩が良く、本編をたどりやすいので、将来プレイを開始する人にとって、中間の出発点になる可能性があります。 どんなところ?

吉田氏:6.1が当てはまるように周辺の準備をしています。 まだはっきりとチームに伝えていませんが、今後も長期にわたって開発・運用を続ける上で良い休憩になるかもしれないので、これを2番目の出発点にするのは簡単だと思います。 考えています。

今はそうではありませんが、ゲームデザイナーとして将来に備えることを考えています。 今回は、このタイミングから「MyFavoriteRecord」というノートを挿入することもその一環です。 センセーションは申し訳ありませんが、ウェッジを叩こうとしているイメージがある気がします。

-。このパッチアートに描かれている服は実装されますか? 私はかなりの数の人々がこのリュックサックを欲しがっているのを見てきました。

吉田氏:そのバックパックは背中の武器に干渉するので難しいです…どうしたらいいのかしらと思いますが、お洋服が楽しみなら大丈夫です!

-。そのバックパックは実装が難しいですか?

吉田氏:さて、それを実装するためには、新しいシステムを作成する必要があります。 ファッションアイテムとしても可能ですが、持ち運びに関しては、武器だけでなく他の装備との干渉も気にする必要があります。 体型や性別、キャラクターの姿勢、鎧などにつけると見えないかもしれませんが…色々なものを吸収できれば実装できると思いますが、それは許されません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。