NHK大河ドラマ長澤まさみ(35)「鎌倉殿の13世」「死の復活を投げかける」「出演するつもりはなかったが、6月に出演することにした」「重要な役割は…」 || 文春オンライン

北条義時役の小栗旬(39)主演のNHK大河ドラマ「鎌倉伝の13人の領主」。 『文春オンライン』の取材によると、半年放送された本作のナレーターである女優長澤まさみさん(35)がサプライズ出演。

『鎌倉殿の13卿』は、第61代大河ドラマで、初代将軍源頼朝とその13人の大将軍が、鎌倉幕府の第2代知事である北条義時を主人公にした猛烈なパワーゲームを描いています。 『新撰組!』(2004年)、 『真田丸』(2016年)に続き、大河の3作目となる三谷幸喜さん。

プログラム公式SNSより

初回放送の視聴率は17.3%で、過去2年間の「麒麟がくる」(19.1%)や「青天を衝け」(20.0%)よりも低かった(*ビデオリサーチによる) 。

多数の超豪華俳優が「小さな」役で登場

「コロナの自制心の落ち着きに関係しているのかもしれない。インターネットでの反応に関しては、最近の大河ドラマで好評を博しているようだ」と語った。

演劇評論家の成間玲一がこの作品の魅力を語る。

「コメディ作品を専門とする三谷さんの典型的なコミカルな演出と、主人公が容赦なく殺されるというストーリーの残酷さは、同じコインの両面です。これからです。その方法が印象的です。速度を調整することはうまく機能しています。

この作品の舞台は平安時代から鎌倉時代で、主人公はあまり知られていない北条義時で、大河ドラマのマイナーな舞台です。 しかし、三谷氏は頼朝の妻である新垣結衣を演じる八重や佐藤浩市を演じる上総広常などの脇役を魅力的に描いた。 また、意外と早く会場を離れることで、視聴者の目を引くことに成功しました。

また、菅田将暉など主役の豪華キャストが登場したが、前半は簡単に退場。 みんな忙しかったせいかもしれませんが、そのゴージャスなキャストは一瞬で目立つように構成されています。 住所に近い形だったと思いますが、キャラクターモデリングにこだわった三谷さんがこんな贅沢なキャスティングを実現できたからだと思います。 「」

プログラム公式SNSより

6月26日に放送された第25話では、物語をリードした大泉洋(49)が演じる源頼朝が倒れた。 頼朝の退場を合図に、物語は後半に突入。 生田斗真(37)、山寺宏一(61)、菊地凛子(41)などの豪華な追加キャストが発表される中、大女優出演交渉が行われていました。

それが長澤まさみです。

Leave a Comment