[Ryuichiro Kitahama’s stock foresight! ]─ 秋のハイマーケットの準備期間を3大サポート素材でサポート! | | 市況 – 株式検索ニュース

ストックアドバイザー 北浜 隆一郎

「三大下支えに支えられて、秋の高値相場の準備期間に!」

8月も東京市場の予想外の強さが続く

毎年、これからの季節になると「夏のドライマーケット」という言葉をよく耳にします。 相場が弱まるとマスコミが「夏バテ」状態と書きますが、私もそうです。

しかし、今年はその言葉を使わなくてもいいようです。 8月の市場は始まったばかりですが、日経平均株価は今年は好調ではありませんが、着実に上昇する可能性が高いです。

確かにお盆が始まろうとしていますし、全国高校野球(夏の甲子園)が始まると、株式投資への関心が薄れていくのは必至です。

書き直しても猛暑が続き、新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません。 そんな中でのサマーマーケット。 どう見ても「夏の枯れ市」になるのは当然です。

しかし、厳しい市場環境の中、7月初旬以降の東京市場の強さは予想外の上昇。

8月もこの傾向が続きそうな理由は、繰り返し紹介してきたように、東京市場には以下の3つの大きな支えがあるからです。

(1) 日銀は、大規模な金融緩和を当面継続する方針を明らかにした。
(2) 世界各国の物価上昇率が8~9%台で推移する中、日本の物価上昇率は2%台に達したばかり。
(3) 相次いで発表される決算で好調な企業が多い。

さらに、米国の金融政策には楽観的な期待があります。 米国は 7 月に 0.75% の利上げを行ったが、8 月には FOMC (連邦公開市場委員会) が開催されず、利上げは事実上停止した。 次の利上げは 9 月に予定されていますが、日銀が 0.75% の利上げを 3 回連続で行う可能性は低いと思われます。

最悪の場合、3回連続で0.75%の利上げをしても10月のFOMCは開催されないので、11月の次回FOMCでは0.5%の利上げになる可能性が高いです。

無借金経営の健全な企業を中心に選定

以上を踏まえると、金利の急上昇は遅くとも11月に終息するため、株式市場は早ければ8月中旬頃から買い優勢となり、秋の高値相場となるランアップを開始します。 そういうシナリオが描けるので、有利子負債ゼロか10億円以下の株に投資することをオススメします。

なぜ日本は金融緩和を続けると言っているのに、負債がゼロまたはゼロに近い企業が有望なのか? 今の時代、借金がゼロかそれに近い少額の借金があっても、それを管理するのは大変です。 この点を考えると、多額の負債を抱える企業の多くは、経営負担が大きく、利息の支払いに苦労していると考えられます。 そのため、有利子負債ゼロの企業や10億円以下の企業に注目したい。

具体的には、まずオーソドックスに、ショボンドホールディングス <1414> [東証P]あり 橋梁や道路などのインフラの点検・修繕を専門とし、財務の良さで知られる信頼性が高く、業績も伸び続けている。

アートスパークホールディングス <3663> イラストソフトに強い [東証S]また、無借金経営。 ソフトは国内のみならず海外でも人気が高く、その強いブランド力から今後も需要が伸びていくと予想されます。

ウェザーニューズ <4825> [東証P]ただ、残念ながら今後台風が接近・上陸することもありますので、株価は期待できます。

CellSource <4880>脂肪・血液由来細胞の受託加工に定評のある [東証G]しかし、医療関連企業としては珍しく、業績は好調。 株価は緩やかな上昇を続けると予想される。

昭栄 <7839>何度も取り上げられている 、新価格に進んでいる株であっても、無借金でパフォーマンスが良ければ、やはり投資の魅力があります。 [東証P]の。 高級ヘルメットの世界的リーダー。 ブランド力の高さが魅力で、株価は一服することもあるが、継続的な成長の可能性は高い。

日本M&Aセンターホールディングス <2127>中小企業向けM&A仲介の業界リーダーである 様は、毎回これを熟知しております。 [東証P]ありますが、株価は緩やかに上昇しており、安定感は素晴らしいです。

最後にメイテック <9744> [東証P]の。 機械・電子・半導体業界への人材派遣に強みを持つ同社は、正社員を派遣している。 その結果、会社の信頼度も高く、派遣社員も安心して働けるので、経営の安定性は高いです。 株価の急激な上昇はありませんが、上昇トレンドが続く可能性は高いです。

2022年8月5日 日記

株式検索ニュース

Leave a Comment