SMBC日興事件、調査委員会が不公正を発見-ブルームバーグ大統領に報告書を電子メールで送信

SMBC日興証券が金融商品取引法(相場操縦)に違反した場合、同社の調査委員会は24日、「証券会社の役割と責任を引き受けたのは不適切で不公正な行為だった。市場で」 調査報告書を発行しました。 また、近藤雄一郎社長が不正取引の一部を説明したメールを受け取っていたことが判明した。

報告を受けて、同社は調査委員会の指摘を真摯に受け止め、このような事態を引き起こしたことを深くお詫びするコメントを発表した。 午後5時から東京本社で記者会見を行い、近藤社長が今後の取り組みについて説明します。

報告書によると、問題の4つの根本的な原因は、証券ビジネス全体の潜在的なリスクに見合った自己規律とシステムの欠如、会社全体の規範的な認識の欠如、および全体的なガバナンスシステム。 彼は、人事政策におけるコンプライアンスの立場の不十分さと弱さを指摘した。

近藤社長の事件の承認については、証券取引等監視委員会が住宅調査等を行う前に、副社長から受け取ったメールの添付ファイルに「ブロックで価格が暴落したときの自己立場」オファー」「を使って価格をサポートする」という記述があることが明らかになりました。 近藤社長は調査委員会の取材で、「説明を読んだかどうかは覚えていない」と述べた。

4月13日までに、元副社長の佐藤敏弘氏と株式部長の山田真氏を含む6人が一連の相場操縦事件で法違反の罪で起訴された。 将来、刑事裁判が行われる予定です。 SMBC日興証券は3月上旬に調査委員会と会合します設定3人の弁護士が事実を調査し、再発を防ぐために必要な措置をまとめていました。

プローブがSMBC日興証券を債券引受契約から除外

SMBC日興証券のロゴ

出典:ブルームバーグ

((情報を追加して記事を更新する)。

Leave a Reply

Your email address will not be published.