SUPER GT会場で注目、迫力のエアロを纏った新型シビック タイプR | レスポンス(Response.jp)

7月21日にワールドプレミアしたニューモデルホンダシビックタイプr‘。 SUPER GT第5戦が開催される富士スピードウェイに、機能性をアグレッシブに追求した純正エアロアクセサリーを装着したNewモデルが登場。

旧型シビックタイプRは力強いデザインだったが、新型は丸みを帯びたフォルム。 しかし、フロントは車幅を強調するブリスターフェンダー形状となっており、スタイリングだけでなく空力面でも進化を遂げているようだ。

8月6日から7日までSUPER GT GT第5戦FUJIMAKI GROUP FUJI GT100LAP RACEが開催される富士スピードウェイのイベントプラザに、純正アクセサリーを装着して注目を集める新型シビック タイプRが登場した。

新型シビックタイプRでは、ワールドプレミア直後からメーカー装着のリアスポイラーが注目されており、空力効果も高いようだ。 純正オプションのリヤスポイラーを用意し、空力特性をさらに向上。

このテールゲートスポイラーの開発には、Honda Access Modulo Xシリーズの「効果的な空力エアロ」開発チームもこのテールゲートスポイラーの開発に参加しました。

日常使いの速さから空力性能を向上させ、乗り心地を向上させてきたModulo Xシリーズの開発チームは、実際に何度も走りを繰り返しながら、クレイやスタイルフォームを削り、細部を細かく修正。

新型シビックタイプRでは、スポイラー下部に設置された有効空力デバイスと呼ばれるギザギザのパーツをテールゲートスポイラー下部に展開。 スポイラー上面の盛り上がった部分と合わせて、スポイラー下を流れる空気を整流しているようです。

リアルカーボンと赤のポリエステル綾織りを使用することで、黒のカーボン柄ではなく、やや赤みを帯びたカーボン柄となり、今までにない仕上がりに。 エクステリアでは、レッドのドアミラーカバーやバイザーも装着。

インテリアは、リアルカーボン×レッドのポリエステルツイル織りインテリアカーボンをはじめ、オリジナルシフトノブやサイドガーニッシュ、センターコンソールボックスなどを装備し、上質感とスポーティー感を演出。

まだ見ぬシビックタイプRがサーキットで大きな注目を集めた。

Leave a Comment