うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお! 燃費は0.86km/L(ねとらぼ交通課) 車情報サイト[new car / used car]-カービュー! -カービュー!

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお! 燃費は0.86km/L(ねとらぼ交通課) 車情報サイト[new car / used car]-カービュー!カービュー! うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお! 燃費は0.86km/L(ネトラボ交通課)(見出し)| 車情報サイト[new car / used car]-カービュー!カービュー! Google ニュースのすべての記事を見る

新型ホンダ シビック タイプRを買った理由 オートカーライター 伊藤梓「派手すぎない」が決め手 – AUTOCAR JAPAN

「タイプRが欲しい!」 シビック・タイプR。その名前を聞いただけで、車好きの人はきっと反応する人も多いだろう。 私自身もその一人です。 先代のFK8に試乗した際、「これがタイプRか!?」と、その打撃力と素早いハンドリングの絶妙な融合に驚かされたのを覚えています。 ホンダ・シビックタイプR 前田恵介 でもこんなに楽しいスポーツカー好きなのに「タイプRが欲しい!」と思わなかったデザインには大きな理由がありました。 FK8のデザインは確かにかっこいい。 ただ、私には力強すぎて、自分には合わないかなと感じました。 そういう意味で、タイプRとは一線を画してしまいました。 しかし、新型シビックタイプRの発表時に見た瞬間、逆の感覚を覚えた。 「めちゃくちゃ欲しい!」 その気持ちはいつになっても薄れず、最寄りのホンダから「予約できるようになりました」と電話がかかってきた瞬間、家を飛び出すほど強くなった。 今までタイプRのデザインに少し不満があり、試乗もせずに購入するという前代未聞の選択でしたが、Honda Carsに来て迷うことなくシールを受け取りました。 ウイングカジュアル 「シビック タイプRを買った!」と言うと、よく「どうして?」と聞かれます。 カーライターを自称する人が、試乗もせずに車を買うことに驚くのも無理はないと思います。 ホンダ シビック タイプR 前田恵介 それでも購入を決めた理由は、新しいデザインが心に響いたからです。 ノーマルのシビックは現行モデルとはイメージを一変させ、シンプルでエレガントなスタイルに。 1990~2000年代生まれの人がかっこよく見えるようなデザインにしたかったそうです。 周りのジャーナリストなど元車好きの話を聞いていると、デザインに対して否定的な意見が多く、「ターゲティングは成功した」と思いました。 印象的なノーマルモデルのシンプルなデザインを継承した新型シビック タイプRは、タイプRの持つ力強さを持ち合わせている。 「タイプRを買うならこれしかない」 エクステリアデザイナー曰く、「ノーマルから変えた部分が目立たず、最初からあったようなデザインにしたかった」とのこと。 新しいシビック タイプ R のデザインは、まさにそれを実現しています。 フロントフェイスはそのままに、リヤドアとリヤフェンダーを新設計し、一体感を演出したという。 先代もノーマルモデルに比べてフェンダーがワイドでしたが、ノーマルモデルに新規パーツを追加する形でした。 先代はそれも含めてひとつの世界観としてまとめられており、カッコいいデザインだったのですが、新型は先代とは違う方向性でデザインしたいとのことでした。 「先代と同じ手法を使っても、先代を超えることはできないと思っていました。そうなると、お客様に満足していただけるクルマは作れません」 それを活かしつつ、全体的により一体感のあるデザインを実現しました。 そして個人的に高ポイントだったのがさりげないウイング! これまでのスポーツモデルはウイングがゴツゴツしがちでしたが、新型タイプRは大型ディフューザーでダウンフォースを発生させることができるため、ウイングの小型化とスタイリッシュな形状を実現。 しかもカラーはボディ同色ではなくブラック! スポーツカーが大好きですが、乗るときはなるべくモチベーションを出さず、知っている人にしかわからない感じです。 ということで、さりげなくカッコイイ翼がやってきました。 その他のオプションは後で… 画像 新型シビックタイプR登場[compared with the previous generation]全部で 115 枚の写真

新型「クラウン」セダンはFRでなければいけないのか? トヨタが3つの新型SUVを設定する狙いとは? – カーニュース

新型「クラウン」セダンはFRでなければいけないのか? トヨタが3つの新型SUVを設定する狙いとは?カーニュース 王冠を生かし続ける「自分を変える」など。ITプロ 16年ぶりの復活! トヨタ 新型「クラウンエステート」を値下げ! 全長5mの「キレイなワゴン」を作りました!カーニュース 新型クラウンがきっかけ! セダンレストアあり!? (ベストカーウェブ) | 車情報サイト[new car / used car]-カービュー!カービュー! Google ニュースのすべての記事を見る

[Keiichi Tsuchiya x WRX S4]275馬力×強トルク×CVTは速い? 土屋圭一がSTIスポーツRを徹底試乗! (カーミー) | 車情報サイト[new car / used car]-カービュー! -カービュー!

[Keiichi Tsuchiya x WRX S4]275馬力×強トルク×CVTは速い? 土屋圭一がSTIスポーツRを徹底試乗! (カーミー) | 車情報サイト[new car / used car]-カービュー!カービュー! [Keiichi Tsuchiya x WRX S4]275馬力×強トルク×CVTは速い? 土屋圭一がSTIスポーツRを徹底試乗! (CarMe) (見出し) | 車情報サイト[new car / used car]-カービュー!カービュー! Google ニュースのすべての記事を見る

16年ぶりの復活! トヨタ 新型「クラウンエステート」を値下げ! 全長5mの「キレイなワゴン」を作ってみました! – カーニュース

16年ぶりの復活! トヨタ 新型「クラウンエステート」を値下げ! 全長5mの「キレイなワゴン」を作ってみました!カーニュース 第47回 周到な計画に脱帽 新型「クラウンクロスオーバー」にみるトヨタの「クルマづくり」戦略[Invite the car tech future]webCG 話題沸騰の新型クラウン!!ベストカーウェブ 4種類のクラウンが売りやすいチャネルは? 全店舗で絶賛発売中の新作クラウン!! (ベスト カー ウェブ) | 車情報サイト[new car / used car]-カービュー!カービュー! Google ニュースのすべての記事を見る

[Scoop]フェラーリ初のSUV「プロサングエ」、「ローマ」に似たデザインで最終決定!? (LE VOLANT CARSMEET WEB) (見出し) |

数量限定生産など、よりプレミアムなモデルへ フェラーリは、現在開発の最終段階にあるとされるSUV「プロサングエ」市販モデルの最新予想CGを入手した。 [Scoop]次世代スズキ スイフトのスクープ第1弾! 「スイフトスポーツ」の高性能バージョンも! [11 images]フェラーリ プロサングエの最終デザインが明らかに! スーパーカーブランドとして、ランボルギーニ、アストンマーチンに続き、独自のSUV(フェラーリではFUVと呼ばれる)を発売するが、上記2ブランドが生産を制限しない一方で、フェラーリの新型ハイライディングモデルは年間総出荷台数の20%以下に抑えられる.

新型シエンタを撮影してきました!! 見積もりしました!!!

新型シエンタを撮影してきました!! 見積もりしました!!!カービュー! いよいよトヨタ 新型「シエンタ」の登場もカウントダウン。 狙うなら初勝利か。クリックカー.com (クリッカー) いよいよトヨタ 新型「シエンタ」の登場もカウントダウン。 狙うなら初勝利か。 (2022 年 8 月 7 日)エキサイトビットコネクタ 新型シエンタを撮影してきました!! 見積もりしました!!!カービュー! 新型シエンタを撮影してきました!! お見積り頂きました!!!最高の車のウェブ Google ニュースのすべての記事を見る

新車購入成功のカギは事前のアポイント!?

新車購入成功のカギは「事前予約」にあり!?カービュー! 新車購入成功のカギは事前のアポ取り!?カーニュース 新車購入成功のカギは「事前予約」にあり!?カービュー! Google ニュースのすべての記事を見る

先進技術満載で公道走行も可能 メルセデス・ベンツ ビジョン EQXX コンセプトに試乗 1126km以上のクルージング その2

駆動系に投入された技術の高さを実感 メルセデスベンツビジョン EQXX コンセプトには、ルーフから滑らかに傾斜したリア エンドまでソーラー パネルが配置されており、リア ガラスはありません。 車内から後方を直接見ることはできません。 緩やかにカーブする幅1100mmの巨大なモニターが占めるダッシュボードには、スイッチや小物入れが一切ない。 解像度は8Kと非常に高精細です。 メルセデス・ベンツ ビジョン EQXX コンセプト メニュー操作で豊富なデータをタッチモニターに表示できます。 本体前端に内蔵されたセンサーで計測した風向も見ることができます。 スタイリッシュでありながら、多くのショーカーにはない実用性も兼ね備えています。 一般的なメルセデス・ベンツの量産モデルと同じ機能を網羅している点に感心した。 開始は存在しますスキップステアリング コラムのダイレクト シフト レバーを P から引き、アクセル ペダルを徐々に踏み込むだけです。 走行中は駆動モーターのなめらかで洗練された質感が印象的。 1台しか生産されていないコンセプトカーですが、駆動系に込められた技術の高さを実感できます。 力強く加速し、スムーズにスピードアップ。 最高速度は140km/hに制限されていたが、パワーはあるようだ。 テスト ドライブは、メルセデス ベンツの技術者によってリモートで監視されました。 ストレートでの試乗をやめて、どれだけ急激に加速できるかを確認しました。 回生ブレーキが生み出す新しい走りの楽しみ 代わりに、テストドライバーによって達成されたエネルギー効率を確認します。 適度な高速道路速度でクルージング状態を維持します。 一般的な条件下での航続距離を可能な限り伸ばすように努めています。 電力効率をリアルタイムに表示するモニター式メーターパネル。 最初は節電のためにエアコンを止めようと思ったのですが、昼には気温が30度まで上がりました。 諦めて車内温度を下げることにしました。 メルセデス・ベンツ ビジョン EQXX コンセプト クルージング中の優れた品質。 駆動モーターの音はほとんどしませんし、風切り音すら聞こえません。 速度が上がると、リア ディフューザーが拡大し、ボディが長くなり、空気の流れが調整されます。 また、縦方向の安定性にも貢献します。 回生ブレーキには4つのモードがあり、ステアリングホイールの後ろのパドルで選択できます。 効果を最大限に発揮すると、タイトコーナーの入り口でブレーキペダルを踏まなくても済むほどの高い制動力が得られます。 タイヤはブリヂストン専用開発の20インチを履いています。 転がり抵抗が少なく、185/65のナローサイズ。 回生ブレーキの効きを弱めたら、予想以上に惰性で走った。 回生ブレーキを切り替えると消費エネルギーも変わります。 … Read more

先進技術満載で公道走行も可能 メルセデス・ベンツ ビジョン EQXX コンセプトに試乗 1126km以上のクルージング 前編

100kWhのバッテリーで航続距離1126km 英国中南部のロンドンから北端のジョン・オ・グローツの町まで充電なしで走れるバッテリーEV(BEV)を想像してみてください。 片道約1100kmです。 さらに、走るスピードと快適性、走る楽しさを両立させたモデル。 確かに現在の生産モデルにはありません。 しかし、老舗のドイツのメーカーはそれが可能であると信じています。 今回試乗したコンセプトカーは、メルセデスベンツ・Vision EQXXはそれを証明する能力を披露した。 メルセデス・ベンツ ビジョン EQXX コンセプト 滑らかなボディの後輪駆動 BEV セダンは、最新のパワートレイン、エアロダイナミクス、軽量ボディワークを備えています。 メルセデス・ベンツは、コンテンツは将来の生産モデルを対象としていると説明しています。 重要な電気効率は12.0km/kWhです。最近発売されたメルセデスベンツEクラスに相当するBEVスキップ専用開発した駆動用バッテリーの容量は100kWh、航続距離は1,126kmを超えるという。 ちなみに、後輪駆動のEQE350の場合、駆動用バッテリーの容量は90.6kWh。 航続距離は659km。 Vision EQXXに搭載される駆動用バッテリーは、中国CATLが新たに開発したリチウムイオンバッテリー。 900Vの電圧で動作し、体積1Lあたり400Whの高エネルギー密度を誇ります。 同じ容量で比較すると、従来のバッテリーより50%小さく、30%軽くなります。 公道を走れる先進のコンセプトカー EQXX のもう 1 つの注目すべき点は、多くのコンセプトカーとは異なり、公道を走行できることです。 すでに公道で2回のテスト走行を行っており、過去にはドイツのシュトゥットガルトからイギリス南部のグッドウッドまで約1200kmを無充電で走行した。 ハンドルを握っていたのは、高度に訓練されたテスト ドライバーでした。 ドイツ軍基地とのリアルタイムのデータ通信とエンジニアとの緊密な連絡により達成されたロングドライブでした。 メルセデス・ベンツ ビジョン EQXX コンセプト これまでのテストの後、メルセデス・ベンツは EQXX の機能に自信を持っているようです。 どんなドライバーでも優れたエネルギー効率を引き出すことができると確信しているようだ。 彼は車のキーを貸してくれたので、自分で体験することができました。 この滑らかな 4 ドアサルーンに乗るのはこれが 2 回目です。 AUTOCARを定期的に読んでいる方なら、2022年春にアップされたライドレポートをご覧になったことがあると思います。 限られたルートでゆっくり往復するだけではありません。 ドイツ南部のインメンディンゲンにある広大なテストコースと、その周辺に広がる一般道を本格的に走ることができました。 運転席に座る前に、もう一度この車の概要を説明させてください。 サイドから見ると涙滴型の流線型ボディの後端には、モーターで展開するディフューザーをはじめ、アクティブなエアロパーツを多数実装。 空気抵抗を表すCd値は0.17と驚くほど低い。 車重1755kgでシングルモーター244ps 画像 近未来のメルセデス・ベンツ … Read more