[Takarazuka Kinen / Dangerous popular horse]人気のGI馬は「消された」「馬はプレッシャーを感じる」と評価されています| 展開する


小畑圭一

26日阪神競馬場にて宝塚記念(GI、芝2200m)が開催されます。皇帝賞、春の受賞者タイトルホルダー昨年有馬記念を受賞するなど、GI3が優勝エフフォーリアそして今年は大阪杯で優勝ポテジャー2020年の雌馬トリプルクラウンを達成大胆なタクトまた、海外GIで優勝パンサラッサ参加します。

◆◆[Takarazuka Kinen 2022 / Previous Rote]タイトルホルダーとエフフォーリア「ダーククラウド」何が好きですか?

過去10年間で最も人気のある[3-2-1-4]勝率は30%と悪くないですが、2017年には1.4倍の勝率で圧倒的な支持を得たキタサンブラックが9位になりました。 2015年には、勝率1.9倍の支持を得たゴールドシップが15位に敗れました。 最も人気のあるクロノジェネシスは昨年優勝しましたが、信頼性は最も人気のある馬が7年ぶりに優勝したほど高くはありません。

2番目に人気があるのは[2-1-2-5]これは最も人気のあるものに匹敵します。 、3番目に人気のある[2-0-0-8]2勝ですが、平凡な走りが多く、人気でも狙うのは難しいです。 20頭中10頭が最も人気のある1〜3頭であるが、残りの10頭は5位以下であり、待ち伏せ兵の増加も目立つ。 過去10年間の平均トリフェクタ配当は16万を超えているため、今年も激動の戦いになる可能性があります。

今回は宝塚記念の「危険な人気馬「長距離GIで2勝タイトルホルダーは。

■春の優勝馬に対抗する壁

前回のランでは、皇帝賞が春に、2位のヘビープライズ4の優勝者であるディープボンドに7頭の馬を後押しする圧倒的な勝利を収めました。 初期の段階では減速せずにトレーラーから脱出しようとしたが、途中で息を呑んでトレーラーを引き寄せると、最後の直線で再び加速し、追いかけているTOロイヤルらを引き離した。すぐに彼らを一人で走らせました。 今回の勝利は菊香賞に続く2回目のGI勝利であり、遠距離には敵がいないようです。

ただし、今回は2つの不確実性があります。 あれは、”天皇賞春受賞“いつ”同じタイプの存在“は。

まず、「春の天皇賞の受賞」についてお話したいと思います。 前回のレースの結果をレースごとに見て、

・前戦
└天皇賞春/[4-3-2-30]
勝率10.3%、リターン勝率23.1%
└大阪杯/[2-1-1-10]
勝率14.3%、リターン勝率28.6%
└鳴尾記念/[1-3-1-15]
勝率5.0%、リターン勝率25.0%
└ドバイシーマC/[1-1-2-6]
勝率10.0%、リターン勝率40.0%
└QE2ワールドC/【1-1-0-4】
勝率16.7%、リターン勝率33.3%
└目黒記念/[1-0-1-13]
勝率6.7%、リターン勝率13.3%
└ビクトリアマイル/[0-0-3-5]
勝率0.0%、リターン勝率37.5%

このように、天皇賞春の戦い自体には、[4-3-2-30]これまでのところ、9頭の馬が賭けチケットの範囲内でうまく走っています。 しかし、天皇賞と春のフィニッシュ順で結果を見ると、ここで勝ち挑戦した馬は[0-0-1-4]そして、2016年に3頭目のキタサンが好調で​​した。 黒は1つだけ。 2位は[0-0-0-5]3位は[0-0-0-5]天皇賞・春のベッティングチケットエリア内を上手く走った馬が一列に上手く走るのは非常に難しい。 になりました。

一方、ベッティングチケットエリアから負けた馬の結果を見ると、4位は[1-0-0-2]5位[1-0-0-3]6-9位。 馬に巻き戻せるレースです[1-2-1-7]10位以下[1-1-0-4]天皇賞春の賭け券エリアから負けた馬。

これまで、キタサンブラック、ゴールドシップ、フェノメノ、ビートブラックなどの有名な馬が、春の天皇賞を受賞した後、宝塚記念で崇拝されてきました。 前回の走行距離から1000m短縮するだけでなく、他の馬との適性の違いも影響する可能性があります。 前回のランは非常に強い勝ち方でしたが、有名な馬の多くが乗り越えられない壁があるのではないかと少し不安を感じます。

次に「同型の存在」について説明したい。今回は強力な同型写像パンサラッサしかし、パンサラッサは高速で馬を逃がす方法を使用しています。 それでは、この2匹の動物が今回と同じ非基本距離で逃げたときのラップを比較してみましょう。

・タイトルホルダー(2022年1日日経賞)
└6.9-12.0-12.6-12.6-12.7-13.4-13.4-12.8-12.3-12.0-11.7-11.2-11.8
・パンサラッサ(2021年第13回有馬記念)
└6.9-11.3-11.6-11.5-11.9-12.5-12.6-12.2-12.4-12.4-12.2-12.0-12.5

これを1600mで測定すると、タイトルホルダーは1’42.06で通過し、パンサラッサは1’36.07で通過します。

このことから、パンサラッサはテンとチョッピングラップのスピードが速く、今回もパンサラッサがハナを主張し、タイトル保持者が1位でも結果を出しているので、2位を追いかけますが、しかし今回は同じリーディングレッグの品質です。権限戦争にも参加しています。 つまり、正面に注意を払いながら、後ろから近づいてくる権威の馬などを追いかける必要がある。 この人気は、キタサンブラックが唯一の古い馬に負けた2017年のように、馬がプレッシャーと恐怖を感じる可能性が高いため、良い走りの可能性に比例していません。 ..

上記の不確実性から、ここは賭け券のような味を考えると最も人気のある場所の1つです。タイトルホルダーの”消去「今年のメンバー構成とその過程のペースを想像すれば、開発に関係なく自由な脚の質があります。ヒシイグアス焦点を当て権限大胆なタクトエフフォーリア愚かでいなさいある位置からレースができ、ハイペースでも瞬時に反応できる馬を評価したいと思います。

◆◆[Takarazuka Kinen]タイトルホルダー超軽量でV候補を向上!G1.3優勝を目指す

◆◆[Takarazuka Kinen 2022 / Leg quality tendency]タイトル保持者にとって「不安」な素材「100%定足数」が上昇し、最速の馬

◆◆[Takarazuka Kinen 2022 / Popularity Trend]センターはタイトルホルダーですか、それともエフフォーリアですか?

文、西立浩樹(SPREAD編集部)

Leave a Reply

Your email address will not be published.