[U.S. market]国債急落、利上げ継続期待で株安続く-ドル133円台-ブルームバーグ

2日の米国市場で国債が急落した。 株価も下落。 インフレが収まるまで利上げを続けるという連邦準備制度理事会の決定は、彼らが考えを変えていないことを示唆した何人かの当局者によって繰り返されました. ドル/円は上昇し、133円台まで回復。

  • 米国株式はFRBのコメントで下落し続け、地政学的緊張が重くなる
  • 米国債は下落、10年物国債利回りは一時的に2.77%上昇
  • ドル高、133円台後半~米国利回り上昇に支えられる
  • ニューヨーク原油が反発し、OPEC+の会合を待っている大まかな動き
  • ニューヨークの金スポットは下落、米中の緊張により一時的に4週間ぶりの高値近くに

すべての満期の米国債の利回りは急上昇しました。 10年債利回りは一時的に20ベーシスポイント上昇して2.77%となった。 ニューヨーク時間の午後 4 時 23 分時点で、17 ベーシス ポイント上昇して 2.74% になりました。

S&P 500 株価指数は、前日から 0.7% 下落して 4091.19 になりました。 ハイテク株が多いナスダック100指数は0.3%下落した。 くすぶっている地政学的リスクと米連邦準備制度理事会の発言により神経質な動きが続き、両指数は日中変動した。

ダウ工業株平均は 402.23 ドル(1.2%)下落して 32,396.17 ドルになりました。 ナスダック総合指数は0.2%安。

米国下院議長のナンシー・ペロシが台湾に到着した後、中国は軍事演習を発表 ペロシは、彼女の台湾への訪問は長年の米国の政策と矛盾しないと述べた。

米下院議長のペロシが台湾に到着、中国は軍事演習を発表 (2)

サンフランシスコ連銀のデイリー総裁は、過去40年で最高のインフレとの戦いは「まだ終わっていない」と述べた。 シカゴ連銀のエバンス総裁は、利上げのペースは年内に減速し始めると予想していると述べた。

SF連銀総裁、高インフレ抑制で「仕事はまだ終わっていない」

シカゴ連銀、9月の利上げ50bp、75bpは「適切」

PGIMフィクスト・インカムのエコノミスト、エレン・ガスキー氏は「現時点でFRBがブレーキを踏むと発表する可能性は低い。 「当局者はまだ減速していないインフレ率に注目している」と述べた。

バンク・オブ・アメリカは、10年物利回りが2%に達する可能性があると見積もっている

米国10年国債利回り

出典:ブルームバーグ

外国為替市場では、ドルが主要10通貨に対して上昇。 FRB当局者が金融政策の引き締めにはまだ長い道のりがあることを示唆したため、早ければ来年の利下げへの期待は薄れました。

米国債利回りの上昇を受けて、ドルは対円で上昇した。 132円を超えるとストップロスのドル買いも入り、133円台まで伸びた。

主要通貨に対するドルの動きを追跡するブルームバーグ ドル スポット インデックスは 0.8% 上昇し、5 取引日ぶりに上昇しました。 ニューヨーク時間午後4時24分現在、ドルは対円で1.1%高の133.11円。 ユーロはドルに対して 0.9% 下落して 1.0167 ドルになりました。

ニューヨークの原油先物は反発した。 石油輸出国機構(OPEC)と非加盟産油国で構成されるOPECプラスの会合を控え、日本と中国の動きは荒かった。 米国下院議長ナンシー ペロシの台湾訪問は、米国と中国の間の緊張をかき立てました。

OPEC+は木曜日に仮想会議を開き、9月の生産政策を決定する予定です。

ニューヨーク商品取引所 (NYMEX) の 9 月限のウェスト テキサス インターミディエイト (WTI) 先物は、前日から 53 セント (0.6%) 上昇し、1 バレル 94.42 ドルで取引を終えました。 ロンドン ICE 北海ブレント 10 月の受渡しは 51 セント上昇して 100.54 ドルになりました。 一時的に 98.49 ドルまで下落し、200 日移動平均の 98.40 ドルに近づきました。

Leave a Comment